ふがいないや。

2009_0419_103902-CIMG0358_convert_20090421015532.jpg

ヤケドです。 また嫌なポジションに・・・鍋やフライパンを持つとき、ちょうーどあたるんですよね。
もともと、あんまりしないんです。ヤケドとか、手を切ったりとかは。
痛いの、嫌いなんで・・・
だから、たまにすると、ちょっとでも、「痛い!」って大騒ぎします。写真のも、あんなにちっちゃいヤケドなのに、ポットに氷水張って、ずっと手、つっこんでましたもんね。

こういう、ちょっとした失敗をすると、「ふがいない」なって思います。

ちょーっと忙しいと、慌てたり、キレイでない仕事になったりします。・・ふがいない・・

もっと修羅場をくぐってれば・・・もっと実力があればな・・・いつも思ってます。

料理の仕上がりも、理想や予想には、もっともっと近づきたい。
(誤解のないよう、いつも作ってお出ししているものが、妥協作というわけではありませんよ。)
もっともっと美味しい、美しく、それでいて気取りのない・・・

理想や目標はキリがありません。

そこに到達できない自分が、ふがいないや。
ちょっとずつ、進歩してはいる(甘い?)とは思うんですけど・・・
というのも、昨日、「ヨッシー」が上手に書けなかったんです。ヨッシーぐらい、いや、どんなものでも同じに手早くサラッとできなくっちゃダメ。

ゴメンね。ヨッシー、練習しとくから・・

少し、愚痴っぽくなっちゃいましたね。ブログも仕事も楽しくないと・・・
まぁ、向上心のあるヤツってことで・・・

引っ越しが、佳境をむかえています。今の部屋がほぼ、空っぽになりました。
スポンサーサイト

パーティ報告っ。

先日パーティがあったので料理の報告を・・・

前回報告した時と、同じお客様の皆さんだったんですよね~・・・
これはプレッシャーがかかるんです。ひと月経ってないし、皆さん期待してらっしゃるようだし・・

・・・同じものは、出・せ・な・い。ってことですもんね~。
そしてリクエストがひとつ。「夏野菜カレー」が食べたいからメニューに入れてください。とのこと。

・・・ゴハンもの・・・小さくしても、ゴハンもの。しかもカレー。すべての味を飲み込むカレー。
夏野菜カレーというのはともしびでもなかなかの名物商品で、母のカレーと娘(リエさん)のラタトゥイユのコラボ作なんです。詳しくはまたご紹介しますね。

カレーは一番最後のシメに出すってことでメニュー作りをしました。

では、ざざざっと・・・

   大皿コース     @\3000

1、新玉ねぎのキッシュ  具は炒め倒した新玉ねぎだけ。玉ねぎの甘さを味わっていただくキッシュです。2009_0414_180559-CIMG0291.jpg

2、鶏のガランティーヌ、ラヴィゴットソース 詰め物をした鶏肉に、自家製ピクルスを使ったさっぱりソースが合います。
2009_0414_175425-CIMG0288_convert_20090416023940.jpg

3、ロメインレタスと生ハムのミモザ風サラダ 裏ごしたゆで卵がミモザの花のように見えることからこの名前がついたといわれます。
2009_0414_175051-CIMG0285.jpg

4、マリネしたミニトマトとひとくちモッツァレラチーズのカプレーゼ○△□ ミニトマトは一晩マリネすることで、おいしくなります。モザイクに盛り付けてみました。
2009_0414_180242-CIMG0290.jpg

5、ガーリックバター入り、パン・デ・エスカルゴ  後半ゴハンものが出るので、あえて総菜パン風にしてみました。ベーコンを織り込み、ガーリックバターをのせています。成型するときに一重むすびにすることで形をカタツムリのようにしています。・・・写真とるの忘れました。・・

6、ご予約限定ピッツァ。(サラミ・ルッコラ) 今回は1種類で2枚だったので、丸く伸ばしました。
2009_0414_182658-CIMG0295_convert_20090416024056.jpg

7、新じゃがいものニョッキ・カボチャクリーム じゃがいも多めのふわふわニョッキに、カボチャクリームのソースがまろやかに合います。 ニョッキをはじめ、この他手打ちパスタは、あるシェフに短期間で、ビシッと教えてもらうことができました。あの夏は熱かった。 色も鮮やかな一皿です。
2009_0414_183523-CIMG0299.jpg

8、春キャベツと海老・アンチョヴィのアーリオ・オーリオスパゲティ まったりとした料理のあとは、ピリッとくるペペロンチーノで・・やわらかな春キャベツとともに、
2009_0414_185013-CIMG0302.jpg

9、ご指名の夏野菜カレー  かなりミニサイズにしてはいるんですが・・・ウチのスパイシーなカレーとラタトゥイユの黄金コンビです。
2009_0414_190559-CIMG0306.jpg

10、なぜかカレーとラタトゥイユによく合います。仔羊のオーブン焼き、パリジェンヌ風  もともと、仔羊には、ラタトゥイユが付け合わせにされるのがポピュラーなんです。もちろん、エスニックなカレーの風味も相性が良いです。 おかずとゴハン感覚で合わせました。
2009_0414_190519-CIMG0304_convert_20090416024450.jpg

パリジェンヌ風・・はうけねらいです。女性のお客様なので。・・もちろんまったく無関係ではありませんよ。マスタードを塗って、香草のパン粉をまぶし、オーブンで焼くのは、フランスでは一般的だからです。

11、ゴマのデリス。(白ゴマのブランマンジェ、黒ゴマのジェラート、ゴマのチュイル)  ゴマ尽くしのデザートです。暖かくなってくると、こういう「水もの」のデザートがいいかも・・ってことで。
2009_0414_193824-CIMG0309_convert_20090416024531.jpg


あと、コーヒーが出ました。
またまた、お得だったんではないかと・・・

新チャレンジ。

2009_0401_200754-CIMG0262_convert_20090414015836.jpg

最近、ちょっと変わったクッキー出してます。
リエさんクッキーじゃなくってすいません。

キッチンでは、なにかと卵の白身が余るんです。それを利用する工夫もまた一考で。
アイスやシャーベットにつけているアーモンドチュイルもそれなんですが、それでも追いつかなくって。

冬の間はチョコレートのフォンダンにけっこうメレンゲを使うので、そちらにまわせたんです。

フォンダン終了と同時に白身の在庫がふくれあがり、なにかないかと調べたら、白身で作るクッキーがあるじゃないですか。
通常、クッキーって卵黄だけを使用するんですけど(たぶんその方が”歯もろい”感じがでる)卵白でもできたんです。
ふつうよりコリコリした食感で、さっぱりした後味。

で、できました。「コックのきまぐれ あっさりクッキー」。
写真のは、粉とそば粉を半々にした「そば粉風味」でしたが、好評につき、終了してます。(すいません)今は、ゴマをブレンドした、「ゴマ風味」を販売中です。

「きまぐれ」というのは、卵白があるていど貯まるまでだったり、時間に余裕があるときだったりと、いつも、常に作れないかもしれないからです。
味もいろいろ試してみたいですね。

個人的な意見ですが、こういう「卵黄を使って残った卵白でもう一品」みたいなのってステキです。
ケーキ屋にいたときに年輩の職人が
、「菓子屋は卵黄でカスタードやバタークリームを作って生菓子を、たくさん出た卵白で焼き菓子を作って売り場ができるんだ。」
と説教めかしに言っていたのを思い出します。

こういうキッチンの「ステキ」は他にもいろいろあります。またなにかあったらご紹介します。

ぜひぜひ、お茶のお供に・・・

コエは電波にのって・・・

先日、ラジオの栃木放送さんが取材にみえました。
月曜日~木曜日の帯番組、ラジっちゃう?の水曜日、10:30頃から放送されるスィーツのコーナーだそうです。
番組でD.J.をしておられる中山 湖さんが自ら機材を携え取材にみえました。きっとその日も生放送がお昼まであっただろうかと思われ、それなのに弾むように元気なかたでした。取材したウチのデザート2皿も、ペロリと召し上がっていただきました。
001_convert_20090411015747.jpg



デザートのこと。ということで、「担当の方にお話をしていただく。」との事でしたのでぼくが出ることになっていたんですが、最初の、「このお店のP.Rや歴史などを・・・」という質問に、「え、・・・」となった所へ「それはですね・・」うちのペラ子、リエさん登場。「こっちにしゃべってもらったほうが・・」って事になり、ぼくは後半、デザートの説明やお話の部分に登場することになりました。

しかしその前半戦、中山さんとリエさんの盛り上がり様といったら・・・そう、中山さんもリエさん同様のハイテンショントーカーだったのです。年齢が近いこともあり、すっかり意気投合。
オイオイ・・・後半のオレの立場が・・・

ちなみに登場するデザートは、「グレープフルーツのプリン」と「しっとりショコラ」の2品です。
内容は、聴いてみてください。きっとぼくのクダリはほとんどカットされていると思います。いつものボソボソトークになってしまったし、面白いこと言えなかったし・・と反省しきりです。

来週4月15日、水曜日、午前10時30分頃からの放送になるそうです。

いいんだろうか・・ぼくの声が公共の電波に・・・

中山 湖アナはじめ栃木放送さんにこの場をお借りしてありがとうございました。

捨て切れない。

桜が満開です。
私事ですが、引っ越しをします。今月の休みを使って、アパートを移ります。引っ越し後のネット接続に一抹の不安を感じていますが・・・

引っ越しの作業のなかで、どうも捨てられないもの。が結構あるんです。
普段は使わない食器や最近読んでいない本・・・その他いろいろ。

いつもは気にもとめないのに、手に取るといろいろ思い出され、とっておきたくなります。

特に本は、捨てたり売ったりできないんです。先輩からたくさんもらった料理本。先輩はくれるけど、ぼくは人にあげられないんです。雑誌でさえ、料理のものは、バックナンバーで揃ってます。最近は買ってないので、あるときから途切れてますが・・・

雑誌などは、とりあえず1年間買い続けると、ポリシーが持てる。と誰かの先生が言ってたって昔聞いていたので、みんな1年以上ぶんはあります。

これも捨てられない。

捨てられない。と言えば、春からのおすすめメニュー。始まりました。
なぜ捨てられない。かというと、いままでの冬のおすすめ品のなかからいくつか、引き続きおすすめになっているものがあるんです。

新メニューが増えるときは大抵、まえのメニューはやめるはずなんですが、けっこう、皆さん気に入ってくださっていたり、いつもこれ、なんて方の顔が浮かんだりすると、メニューから消すのをためらってしまいます。
これを繰り返して、メニューが増え続けると、あとあと自分の首を絞めることになるので避けたいんです。

ので、皆さま(これをどれだけの方が読んでいるかは不安ですが)メニューに書いてなくっても、
    「前に食べたアレ」
が食べたいときは、言ってみていただけるとありがたいです。材料がそろっていれば、お作りできます。その際にフツーに書いてあるメニューの料理より、少々お時間をいただくかもしれませんが。

というわけで、春からおすすめ、始まっています。

*海老と菜の花、ブロッコリーのペペロンチーノ

*スモークサーモンと春野菜のクリームスパゲッティ

*豚肉のソティー「ピザ職人風」トマトソース

*仔羊肩肉のトマト煮込み、ナヴァラン風

とりあえず、無難に4品くらいで。あと、デザートの「りんごのシブースト」はちゃっかり春からの定番に格上げしちゃいました。

写真や能書きは、後日載せられたらってことで・・・
とりあえずナヴァランの写真とったんですが、これ、ナヴァランなのにカブがなかったんですカブが・・
2009_0405_194056-CIMG0271_convert_20090408030343.jpg

海老と菜の花・・・
005_convert_20090408030235.jpg
最近の記事
最近のコメント
ツイッター。
プロフィール

トモシビコック

Author:トモシビコック

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる