今年一年ありがとうございました。

休みに入っております。連休ってスバラシイ。・・昨日はアパート、今日はお店の大掃除。orz..
2010_1230_143054-CIMG1523_convert_20101231190957.jpg

♪~しろやぎさんからお手紙着いた~黒ヤギさんたら読ま~ずに食べ~た。♪~
ほぼ「寝に帰っているだけ」のアパートには紙がい~っぱい!ほとんど読まずにポイ。無駄な紙ですよね。
一通り目は通しますよ。重要文書でないかだけは。あとは溜まる一方。ようやく処分しました。

002_convert_20101231190906.jpg

今年も暮れて行きます。駆け足のような、そうでもないような、それ相応の一年でした。

今年で、ぼくがココへきて3年が過ぎ、4年目に突入しています。なんとか、もっています。

今年は、ともしびにとっては大きなステップを踏めたような一年だった・・・と思います。

まだまだ飛躍とはいきませんが・・・

さまざまな人たちとの出会いもありました。常連さんもふえました。

後半には、おこがましくもイベントに招いて頂き、そこでの交流もまた増えました。
もちろん、このブログの効果の大きさに驚いた年でもありました。

「人当たり」するぼくにはキビシー部分もあるのですが、
リエさんの影に隠れてボソボソツッコミを入れてるくらいがちょうどいいんです。

ただ、支持して下さる方、お客様がいらっしゃる。ってことは、勇気になります。
「このセンで良いんだ。」
と思わせてくれます。

ありがとうございました。
明日から始まる新しい年は、さらなる「飛躍」ができるようにがんばりまっしゅ!
↑(マジメすぎる文章に飽きてきている。)・・さておき、

みなさん、良いお年をお迎えください。
そして、ありがとうございました!
スポンサーサイト

ラバーソウル。

2010_1219_232919-CIMG1472_convert_20101229020944.jpg
写真が暗くてすいません。

気付いている人は気付いている。と思うのですが、最近ともしびで使っているCDデッキが変わったんです。

今までの「オモチャ」みたいのとは打って変わって、今回はリエさん念願の「CDチェンジャー」付き。ミニコンポタイプ。・・・といってもハードオフで5000エンくらいで見つけたんですけど。

先日の閉店後、新しくなったデッキに気をよくしたリエさんが、かけだしたCDは、「BOOWY」。ぐえ~!持ってんじゃんこういうの!懐かしすぎる。営業中には絶っっ対にかからない音楽。

「流行ったよね。」
なんていいながら、ラバーソウル履いてガポガポ歩いていた青春時代の思い出話に花が咲きました。

にしても、今聞いてもやっぱりカッコイイな。ヒムロック。

休みの日こそ、休むなよ。

2010_1227_141435-CIMG1515_convert_20101228030401.jpg

「ハヤシライスセット、お待たせしました~。・・ちょっと多めにしときましたからね♪」

・・・・・なぜに?それはやはりぼくの体型を見ての判断なのかい?おばちゃん・・・

今日の休みはノープラン。ですが昨夜はりきって夜更かししたので、起きたのはだいぶ遅くなってから。
リエさんは・・・まだ起きません。・・先週ははりきってたし、がんばってたし、昨夜おなか痛いって言ってたのが気になるし。

ノープランだし、やらなきゃいけないことがある訳でもないので、
ほっといて、勝手にフリータイム。それは自由な・・

銀行行ったり、なんだり、ラジバン・・・したりしたらお腹が空いたので、前に某検索サイトで見た近所のお店へ行って、先ほどの件に繋がるわけで・・
皆さんお休みに入られた方も多いんですね。街や道路がなにか忙しなく、平日の割に混み合っているような・・

その後、暗くなってから(!)リエさんとお店に行ってちょっと仕事・・まぁ、あと2日でお休みですし、がんばれますよ。

気付けば年の瀬。ですよね、今年もあと4日。

まずまず・・・

まずまず・・やれやれ・・バタバタと過ぎて行った今月。・・・「まずこの仕事をしていれば当り前だ!」といわれてしまいそうなんですけど。
クリスマスも終わり、明日の定休日は久しぶりのノープラン。・・あ、ちびっと仕込みはあるかな・・(結局)

でも、「休み前夜」を満喫中です。やりたいこともいっぱい。

そのクリスマス。ともしびでは「なにも特別な事はしません。」なんて言ってたんですけど。
先のローストチキンをはじめ、
2010_1223_192554-CIMG1496_convert_20101227034840.jpg
おっ!久しぶり!「サーロインステーキ・赤ワインソース」や、

2010_1225_201640-CIMG1510_convert_20101227034030.jpg
なかなか圧巻。「骨付き豚ロース肉のロースト・黒コショウ風味」。

2010_1223_190304-CIMG1494_convert_20101227034308.jpg
「温製アップルパイとアールグレーアイス」

2010_1223_184842-CIMG1492_convert_20101227034152.jpg
「ナポレオンパイ風ミルフィーユ」

など、結局特別メニューをいくつかご用意いたしました。
だって、うるさいんだもん。「なんか、やんないの?やんないの?」って。

しかも店もあんなにクリスマスモードにされたんでは、やらないわけにも・・・
間際になってメニューも出すから、リエさんには迷惑だったかも・・・

でも、そこは彼女の本領発揮。ペラペラと料理の説明をしてくれるので、皆さん注文してくださって。
売れ残りもなく、良かったです。

ほんっと、今はなんかホッとしています。
せっかく写真撮ったもんで・・ドタドタと記事にしちゃいました。

クリスマスプレゼント。

2010_1223_200324-CIMG1498_convert_20101226022701.jpg
ステキでしょ。コレ。
お客さんのKイチロさん(プッ・・)ご夫妻に「クリスマスプレゼントォ!」といただいた、毛糸玉から生えた謎の多肉植物。

他にも、
002_convert_20101226022607.jpg
ポテチと手袋。
リエさんにもなにか頂いちゃって。どうもありがとう。

そう、クリスマスといえばプレゼント。今年はリエさんにはすでに、
2010_1122_155159-CIMG1423_convert_20101123075545.jpg
このオルガンを前倒しであげているので。

ぼくには・・・なにもないようですが、
フッ
  フッ
    フッ。
自分にプレゼントで、注文しておいたのさっっ。昨日届いた~。
2010_1224_013129-CIMG1504_convert_20101226022752.jpg
2011年カレンダー。
リエさんには、「何所に貼るのよ。」なんて冷めた目で言われて。
でもいいのさ。
こんなくだらないものをサクッと買える。そんな今にありがとう。

メリークリスマス・・でした。

放火魔リターンズ。

冷えますね~(笑)

クリスマスもたけなわ。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
2010_1223_212525-CIMG1501_convert_20101225015800.jpg

夜のともしび。

2010_1223_212415-CIMG1499_convert_20101225015729.jpg

今年も放火魔と化したリエさんがチャッカマン片手にカチカチカチカチ・・ロウソクに火を灯しまくっております。

カウンターのローストチキンの周りにまで並べられると、黒魔術かブードゥー教か。神に捧げる生贄のように見えてきます。

小さな炎でも数が揃うと、店が暖ったかい!
まーなんでこんなにロウソク灯すのか・・・さすが「ともしび」の娘。・・・さておき。

八百屋お七でも憑いたか。ってほどです。

そもそもリエさんは、火がキライなんですよ。かなり。
フライパンからちょ~っと炎が上がっただけで、「危ない危ない危ない~!炎が炎が」って。
なぜか、「炎(ほのお)」って言うんですよね(笑)

はっ!八百屋お七は最期火あぶりの刑で・・・やっぱり!

あとはリエさん力作のクリスマス飾りでも・・・
2010_1223_021053-CIMG1486_convert_20101225015645.jpg

個人的にはこれが好き。
2010_1223_020752-CIMG1484_convert_20101225015554.jpg

メリークリスマス・・・

今年も丸焼き。

たまには料理の話でもひとつ。・・・

2010_1223_152740-CIMG1487_convert_20101224021852.jpg
コレ。この時期コレをイヤんなるほど見る人もありましょう。そしてそれはコックさん。
意外と大切なこの儀式。

今年もやってまいりましたクリスマス。
クリスマスのごちそうと言えば鶏の丸焼き。ロースト・チキンなんてオシャレな言葉を知ったのはいつでしたか。
2010_1223_162810-CIMG1488_convert_20101224021819.jpg
準備万端。もちろんこのあと皿に乗ってカウンターへ。

で、注文が入ったら~
2010_1223_175446-CIMG1489_convert_20101224021928.jpg
切って温めて~(これは一羽分。2人前。)

2010_1223_180730-CIMG1490_convert_20101224021955.jpg
ソースかけてはいどうぞ~。

相変わらずのボリューム。
でもやはり、アンチエ焼きは、骨がついているので、縮んだり、硬くなったりしませんね。

ここでモノマネでもひとつ。

24日、25日はローストチキンを焼きます。
どおしても食べたい方は予約もできます。

ディナータイムのみ、~25日までやっています。(予定。)もちろん、売り切れ御免ですよ。

奮い立たせるもの。

テンパってました。で、逃げ出しました。お客さんが怖くなりました。
なんて書くと、「なにがあったんだ?」なんて思われそうですが、
なーんにもありません。
ただ、ちょっと疲れただけです。

「心が折れる。」などと良く申します。
そんな大それたことではありませんが、いろいろ、モロモロ、「バーン!」となりそうな時ってあるでしょう?
連日の16時間休憩なし労働は・・・きっかけひとつで崩壊しそうです。

先日、久しぶりにシュークリームを作ろうと思って引っぱり出した、コレ
2010_1219_232945-CIMG1473_convert_20101223032953.jpg
汚ったないノート!?無印のノートが4,5冊束ねてあるものです。
レシピはもちろん、過去に、学んだこと、実験したこと、結果、その他つぶやき(?)日記のようだったり、走り書きだったり書き連ねてあります。
これを開くと、「まだ行ける。」と思います。だいじなバックボーンです。

医者に行って、検査の詳細聞いたら、復活。
夕方から仕入れに出かけて、夜中に(結局。)明日の準備をしました。

明日からまた、お待ちしておりますよ~

電話にて・・・

今日は様子がおかしかったんです。自分的に。
「疲れてんかな・・・」・・・!きのう休んだばかりだろ!

ランチタイムも終わりに近い今日の午後。
リリリーン!!ともしびの黒電話がけたたましく鳴ります。
リリリーン!!まだ出ません。いつもならリエさんがすぐに出るのに。
リリリーン!!それもそのはず、たった今、できた料理を運んで客席にむかったばかりです。
リリリーン!!うるっさいな。出るか。「でようか?」~「はーい。お願いしまーす。」

まーうちの電話はデカイ音です。
はいはい。まーだいたい火曜日のこの時間は、取引先のひとつ。○○コーヒーからの、
「今週の注文はいかがですかぁ?」の電話なんだよな~。
間が悪いんだよな。○○コーヒーめ!!

リリリーン!!はいはい。○○コーヒーね。はいはい。
りり!ガチャッ。「はい。○○コーヒーでーす!」・・・!?
電話の向こうでは、「・・・は?ともしびさんじゃないんでしたっけ?」
「・・あぁ!そうです。すいません、ともしびです。」

間違えた。間違えた!とんだ赤っ恥です。
しかも相手は○○コーヒーじゃない、普通の予約のおきゃくさんからでした。ちょっと笑っていたみたい。

2010_1220_135902-CIMG1479_convert_20101221014053.jpg


やるじゃん。オレ。

コレが、サムギョプサル。

本日の休みは、泉美さんアコさんgumuさんのお誘いで、「軽い忘年会」に、参加させていただきました。
「おのおの1品持ち寄りね。」という泉美さんの指令もあり、なにか気合いを入れて・・などと思っていたのですが、いかんせん時間ができない!ので、とりあえずシュークリームでも・・・

2010_1220_093651-CIMG1474_convert_20101221014012.jpg
「クリスマス会じゃないの?プレゼントは?プレゼントは用意しなくていいの?」
とやかましいリエさんを引きずって車に乗せて・・・
やってきましたメゾンドゥポンパドゥール!アコさんご一家のお宅なのですが、まぁーステキ!
2010_1220_135829-CIMG1477_convert_20101221013941.jpg
テーブル中央の鍋で行ったのが「サムギョプサル」平たく言えば豚バラ肉の焼き肉なんですが、けっこう厚めのお肉を焼いて、ハサミで切り分けるのです。「焼いてね。」と言われた手前、がんばりましたがいかんせん初体験、ちょびっと苦労しました。焼けたら野菜にくるんでいただきます。
うーんコレがサムギョプサルか。
ほか、ギョウザや、アボカドのサラダなどなどごちそうが並びほんと、ちょっとしたパーティでした。

普段ともしびだと、仕事をしながらなので、お話ができなかったり、途中で終わったりしてしまうのですが、今日はオフ。思い切り楽しめます。

美味しいごはんと、楽しい会話の時間はあっという間で・・・ふと気付けば夕方も7時を回っており。

そうだ・・・今日はちょっと仕込みをしなきゃならないんだった・・orz、、、

ライスの立場。

最近、健康診断を受けてその結果。
「メタボリック症候群 予備軍」orz...
それで、いろいろ結果について説明を聞いたんですが、それを聞くと一日に食べられるごはん(ライス)は意外に少ない!ってことです。

最近は炭水化物を避ける方々が増えているということは聞いていたし、感じてもいたんですが・・・
そうだったのか~。という感じです。

そもそも「ごはん大好き!」なぼくですので、保健士さんの言うことをどこまで聞けるかは不安が残りますが。
健康には気をつけたいものです。

にしても、近頃は正々堂々と好き嫌いを言い、食べ残しをする大人が多いな。と感じます。
ぼくらが子どもの頃の大人は何でも食べるし、食べろと言う。というイメージがあるので。

この仕事をしている者が、食べ残しについて言及するのはだいぶ勇気がいるのですが・・・

どんな状況でも、「出された量の内いくらかは残さないと気が済まない。」という行動をとっている方が多いように思います。
「美味くないから喰えねぇんだよ。」
「お金払ってるんだからいいでしょ?」
と言われればそれまでなんですけど。

それだけでは・・・

クドクドと書き連ねましたが、少なくていい方は「ごはん少なめ」「半ライス」等申し出ていただけると、うれしいですし、合理的かと・・

今度のメニューではその辺も反映したものにしたいな。

にしても、これはヘコむわ~!(結局これが一番ショック。)日々、精進、精進。
2010_1117_134426-CIMG1399_convert_20101218032259.jpg

タマゴ焼きは甘かった?

最近悩める某サカヤカフェのマスターのブログの記事に便乗してひとつ。

皆さんのおうちのタマゴ焼きは、甘かったですか?しょっぱかったですか?
ぼくんちは基本、しょっぱいほうでした。カタチは、フライパンでパタパタ畳んでいくので四角くはないですけど、巻いてある感じ。
友達の家で甘いタマゴ焼きをごちそうになって帰って、「○○ちゃんの家のタマゴ焼きは甘かったんだけど。」などとのたまい、甘くしてもらったこともあります。

そしてぼくが初めて作った料理もたぶんタマゴ焼き。小学校中学年くらいでしょうか。
「失敗したら、炒り卵にしちゃえばいいよ。」
と母にいわれながら作った気がします。
炒り卵・・・オシャレに言えば、「スクランブルエッグ」でも、半熟加減もなにもない、パラッパラになるまで焼き切っちゃうタイプでした。
その炒り卵を味噌味で作ったものも多かった気がします。

それでCMにちなんでの話。
ウチの父親(故人)が、たまにした料理のタマゴ焼き。
しょーーっぱいの!!!で、フライパンの形にまん丸に焼けていて、いつもの母の作るオムレツ風のそれとはあまりにも違うので、姉と2人でドン引きしていた思い出があります。
「これがホントの形なんだ!」
と言いきっていた父。

フライパンの形にまん丸・・今思えば普通にスペインオムレツなんだと思えますが、子供の頃なので、タマゴ焼きはこう!っていう形が決まっちゃっていたのかもしれません。
まー味はホントにしょっぱいのなんの!って感じで。

あとは、なんだかたまにおでんを作る時もありました。
彼の良くないところは、わぁわぁ言いながら、格好つけながら作るところ。ウンザリしました。
最後はケンカ別れみたいになって終わりでしたが、あれでも父は父。思い出は多々あります。

2010_1202_225340-CIMG1447_convert_20101217012748.jpg
我が家バージョンで焼いたニラ玉。たまに食べると美味しいですよね。

あ、リエさんがたまーーーーに作ってくれるタマゴ焼きは甘いんですよ。

真・「すずのね市」ありがとうございました。

失礼いたしました。

それで、先日の日曜日の「門前 すずのね市」参加させていただきました。
前回の門前市では、お弁当を持って行ったので、今回もお弁当を期待して下さる方が多く、恐縮でした。

今回は時期的にお弁当は、「朝作って持ってっても、お召し上がりになる頃には冷え切っているだろう。」という考えのもとに、スープとパイを作って参上しました。

やっぱり、朝勝負。
2010_1212_065431-CIMG1454_convert_20101215030831.jpg
夜明け前からの作業になりました。
写真のミートパイ。イギリスの名物、「ステーキアンドキドニーパイ」を模して作ったのですが、中はだいぶともしび流。本物のキドニー(腎臓)は入っていませんし、どちらかというとビーフ煮込みパイ。みたいな感じ。
召しあがった方からは、お褒めをいただきましたが、内心ドキドキでした。
お得意のバーベキューーコンロで温めながら提供できたのが良かったのでしょうか。

2010_1212_181419-CIMG1462_convert_20101215031018.jpg
悪ふざけです。すいません。あと、この紙をカップに巻いて提供しようと用意したのですが、いざスープを注ぐと外れてしまうという大失態。すみませんでした。
スープは、「ミネストローネ」と、「クラムチャウダー」の2種類。
今回のこだわりは「大盛り。」あったかいスープでおなかいっぱいになってもらおうという作戦。
ガス屋さんに、ガスボンベとコンロもお借りして、アツアツをキープしました。

あと、「ウィンナーパイ」も用意したのですが、これはあまり触れずに置きましょう。

周囲の出店者の方々も、前回と同じ顔ぶれのかたが多く、安心しました。

2010_1212_121435-CIMG1458_convert_20101215030910.jpg
これ。すっごく美味しかった!
おとなり豆三さん内、「あげや」さんのおでん。
さんまのつみれ。(那珂湊のさんまを50尾さばいたんですって!)をはじめ、もう沁み沁みの大根、もちろん豆三さんの「がんもどき」も。ゆずをすってくれる細やかなサービス。美味でした。

それから、今回特筆すべきは反対のおとなり、「太陽と月のコーヒー」さん。
前回は車の中だけでの販売でらっしゃったので、よくわからなかったのですが、今回テントを張り、となりに並んでのお仕事だったので、バックヤードの仕事ぶりがバッチリ。コーヒーをひとつひとつ淹れる姿がやけに格好よく見えました。勉強させてもらいました。
それで、いつもはカフェラテなどそっち系のコーヒーに目を奪われて頼んでしまうんですが、今回、フツーのドリップコーヒーを初めていただき、ビックリ!すごく美味しいんです。また飲みたいです。教わりたいです。ビックリです。

今回はarco(アルコ)さんのライヴがある特別企画。リエさんは販売そっちのけで観に行ってました。
arcoさんと言えば、以前泉美咲月さんが編集長をしてるwebプレスPassage(パッサージュ)で写真を拝見していたので、やっぱり、かわいらしいなぁ。と見とれてしまいました。

その、泉美さん、さらにはやはりパッサージュの副編集長でもあらせられる文筆家アコさんもいらしていただけて、ますます和やかないつものお店みたいな雰囲気に。

2010_1212_142038-CIMG1460_convert_20101215030941.jpg
なんか、良い写真でしょう?
この門前市の仕掛け人が、この3人の中にいます。
「次は、なにしようか?」
ってたくらんでいる感じ。

お誘い頂きありがとうございました。
ご来店いただきありがとうございました。

すずのね市、ありがとうございました。(序)

・・・なんとも・・休み明けからこの時間の帰宅はヘコむものがあります。
デザート作りがね・・・どうしてもね・・・

さて、話はおとといに、(もっとか。)びゅーんと戻って、参加した、「門前 すずのね市」のはなしへ・・
前回お弁当だっただけに、お弁当を期待していらっしゃる方が非常に多く、恐縮でした。
今回は、寒い時期だけに、「弁当は売れるまでの間に冷たくなってしまう。」という考えのもと、スープとパイを作っていこうと・・・
2010_1212_065431-CIMG1454_convert_20101215030831.jpg
朝も羽世からkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkkk

・・・今朝がた(15日早朝)気付いたら、このようになっておりましたorz・・・

悩んだんですが、ま、これも日記かな。と思い、このままアップしときまーす!

で、あらためて「すずのね市」の報告はこの後すぐ!

角煮って、角煮って・・

あ~寝た。

懸案の「門前 すずのね市」が無事?終了して、ひと安心。
やはり、ああいう「引っ越し系」はいろいろと疲れますね。でも、楽しい。こちらのご報告はまた明日。


終わった日曜の夜から、今日(すでに日付け変わって昨日)の月曜は、その前の睡眠不足を取り戻すかのように眠りこけていました。
といっても、途中出かけたりしているので、寝たり、起きたり、ラジ・・の繰り返し。

で、今頃になって眼が冴えてるわけで。

そう、朝はいったん起きて病院へ。ちょっと気になることがあり、詳しく検査をしてもらいました。
まー、やったことのない検査だと、おびえたネコのように縮みあがりますね。

その後、少し残った片づけをし、遅めの昼ごはんへ。
常連のお客さんに教わった、
2010_1213_142519-CIMG1465_convert_20101214032631.jpg
コチラ。地元で愛される「もつ煮」が看板メニューのお店。
冷たい雨が降り、寒すぎる今日にはぴったりのランチ。

ぼくはもつ煮とモツ焼きが楽しめる定食。リエさんは角煮定食。
2010_1213_135922-CIMG1464_convert_20101214032604.jpg

でも、ぼくの視線は運ばれてきたリエさんの角煮に釘付け。(後で聞いたら、口があんぐり開いてたらしい。)
だって、だって、角煮って、四角、キューブ状でしょ?でもこれは・・・
2010_1213_135905-CIMG1463_convert_20101214032532.jpg
長い!でかい!すっげーボリュウム!
ちびっともらったんですけど、美味かった。

二人ともとっても満足し、気に入ったんですけど・・・これから健康に気をつけようね。といっていた矢先。
たまに来ようね。ということになりました。

その後、昨日のすずのね市でご一緒だった、猫柳雑貨店さんがこの近辺だ!ということで行ってみたのですが、ご不在だったようで・・・でも野菜の直売所が併設のコチラ。

ピッカピカのカブと、珍しい黄色い桃太郎が入ったトマトの袋を買っておいとましました。しかし、寒い!(笑)

その後、マッサージにかかったり、お店の備品を探したりして帰宅。バタンと寝て、気付いたら夜中で。リエさんはキチンと布団でお休み中。

ダラダラとした、休みらしい休みでした。・・しかしあの角煮・・

迷プロデューサーのアメとムチ。

良い天気が続きますね。澄んだ青空がキレイです。

まずはお知らせを・・
今度の日曜日。12月12日(日)。真岡市で行われる「すずのね市」にお招きいただき、参加させて頂くことになりました。前回のもみじ市と同じところですので、もしよろしければ足を運んでみて下さいませ。ともしびが何を売るかは・・まだ未定です。(食べ物ですよ)

こういったイベントもそうなんですが、これをやるか、やらないか。っていうことはだいたいリエさんが決定しますし、言いだすのもリエさんです。
もともとぼくは面倒くさがりなので、フツーの仕事を淡々としている方をとります。
だから、コレやって、アレやってと面倒を増やす仕事を振るのは向こうなので、まぁプロデューサーとでもいいましょうか。

まぁ、このプロデューサー。あの通りの人物なので、こっちの都合なんかおかまいなしです。日々、殺人的なスケジュールにあえいでおります。

オンとオフがはっきりしているといいましょうか。
夜は夜で、「眠くなったよ、もう帰ろうよ。」と言い、仕事が残っていると言うと、「いいよ、大丈夫だよ。帰ろう。」と言ってくれます。

しかし!ここでダマされてはいけません。これで帰って寝る(仕事は残っている)と、明くる日の営業時には、
「おねがいしまーす。え?もうパン無いの?焼いてないんだっけ?」
「なに?ショコラコレで終わり?次できてるんだっけ?」
などと、無邪気かつ、残酷なセリフを次々に浴びせられるからです。
「やんなくっていいって言ったじゃ~ん!?」などと言ってやりたいのですが、そこは大人。耐えましょう。

そんな、A.Tフィールドごと精神をズタズタにされるようなことを何回かされ、やはり、「やるべきことはやっとく。」この鉄則をあらためて感じるのでした。

甘いセリフに惑わされてはいけません。
2010_1120_135331-CIMG1408_convert_20101204025159.jpg

買い物にて・・

この仕事、材料がなければ始まりません。

それを買い集める、仕入れるのも重要な仕事のひとつ。
そんな買い物先のひとつが、おもちゃのまちの台所。ヤオハン。ともしびのカウンターでのおばさま達の話題に上らない日はない。絶対に聞く言葉、ヤオハン。

自転車に乗れば1分とかからない、便利な場所にありますが、それだけに、ヤオハンに行く時間配分は非常にタイトな設定です。
パンの発酵がもうすぐ終わりそうな時や、じゃがいもを茹でながら、サラダを水にさらしながら、など作業の合間に行くことがほとんどです。

今日も夕方、足りないものを買いに自転車でピューッと。
レジに並んでいると、小学校高学年くらいでしょうか、女の子が真剣な顔をして近づいてきます。
「???」
「あの、すいません。文房具コーナーはどこにありますか?」

「・・・ごめんね、をぢさんはヤオハンの人じゃないんだ。」
エプロンをしたまま行ったせいもありましょう。またぼくのエプロンがヤオハンの方々のそれによく似てるんです。
そもそも仏頂面で、目つきの悪いぼくに声をかけるのはとても勇気がいったと思います。
恥ずかしげに「すいません・・」と言って去っていく女の子の後ろ姿に、ごめんね・・・
でした。
2010_1121_105932-CIMG1416_convert_20101204025034.jpg

evolution。

最近モヤモヤ・・・

とりあえず、「オムライスを作れるコックさん」にはなれました。
さらにぜいたくな事に、歴史あるお店のキッチンに入り込み、好きなように仕事をさせてもらえて。

細かい問題は多々あるものの、なんとなく満足な生活。

でも、人生目標(そんな大それたものではないけれど。)としては、死ぬ直前までこの仕事を続けられてこそ、目標達成になると思うので、それはまだまだわかりませんが。(明日をも知れぬこの商売。)

で果たして、コレで良いのか?というぜいたくな、欲をかいた精神がアタマをもたげてくるわけで。

なにか、もう一歩進みたい。もう一皮ムケたい。

なーんてね。自称「世界一の面倒くさがり」のぼくにはなにができるか、何が変わるか、なんてさーっぱり、わっかりませーん。

ポケモンみたいに、経験を積んだらある日突然「進化~!」なんて進化したらいいのですが。。

2010_1129_215856-CIMG1440_convert_20101129230519.jpg

これは、お店にいらっしゃる「デキる女。」泉美咲月さんが、使用していたスケジュールノートと消せるペン。
さっそうとバッグからこれを取り出し、何かを書き込む様子と、そのノートのカッコイイ見た目にやられて、
「どこで、どこで売ってんの?」
と、ぶしつけな質問をし、真似て買ってはみたものの。

そもそもスケジュールを付けるなんて習慣がまったくないぼくには無用の長物。まだ使う機会が巡って来ておりません。
そうなるって、わかっちゃぁいたんですけど。買えば何かが変わる、始まるかな・・・なんて思いまして。

それはもちろん、若い頃、マジメな見習いの頃は毎日必死にメモをとり。翌日の仕事の予定を書き込んだりはしていたのですから、やってできないことはないハズ。

とりあえず、新年明けてから使い始めようかな・・・あ、来年は厄年なんだよな・・・

さて、もろもろどうなることやら・・・

ダーツの旅。

あ、地震だ・・・さておき。
星の綺麗な夜が続きますね。夜更けにお店かトボトボと歩いて帰ってくる時は上見上げっぱなしです。
流れ星、出そうで。
けっこうな流れ星ハンターなんですよ。視力が異様に良いせいもありますが、けっこう、見てます。

ここのところ、何かモヤモヤしていて考えることが多くて。
2010_1125_234615-CIMG1432_convert_20101204024932.jpg
先日、同業の先輩方と、「忘年会」と称した夜遊びに行きました。
同じ仕事をしていて、年齢も近い方々との食事は、会話も弾み楽しいものです。

さらにその後、ダーツや卓球などが楽しめるスポットに案内して頂き、めずらしく運動などしてしまいました。

ぼくはダーツ初挑戦!いままでやる機会がなかったというか・・
「ボウリングより疲れなくって良いよ!」
という案内者の言うことはあながち間違っていないな。と思いました。
リエさんにいたっては、卓球まで初挑戦!
ミョーにはまったらしく、「楽しいよ~!」といいながら、誰よりも多くプレイしていました。

食事から始まって6時間程度の集まりでしたが、やー、楽しい時間が過ぎるのは速い!

現実に戻る気分の帰り道は、なんだか寂しくなりました。

「また何か遊びたいね。」
とは言うものの、お互いこんな仕事ですから、なかなか実現できないのが現実。因果なものです。

でも、きっと、そのうち、仕事や家事が落ち着いて、良い歳になった頃には、イヤって言うほど遊べることを思って、今はココで仕事を続けていくことが大事かな・・・と。

一刀両断。

昨日とは一転、冷えますね~(笑)。
さっき見ていたテレビで、モデルの梨花と南海キャンディーズのしずちゃんがウエディングケーキに入刀していました。

あぁ、コレもね~。
ウエディングケーキにはこんな思い出があります。
以前ケーキ屋さんで働いていたときに、某ホテルに納品したウエディングケーキを、披露宴会場のバックヤードまで赴き、ウェイターが指示した客席の数に従って、人数分に切り分ける。という仕事がありました。

披露宴ですから、多いところでは200人分、とかになるわけです。で、ウエディングケーキも四角いの一段から、丸いの3段とか、いろいろな形があるわけで。
人数が多いほど、ケーキはこま切れ、切るのも盛り付けるのも至難のわざです。
逆に大きいケーキなのに、人数が少ない時などは呆れるほど大きい1人前になっちゃったりします。

ハイシーズンには、これを時間のスケジュールを組んでホテル中を駆け巡って1日に何台もカットするものですから大変。

その上、こっちは出入り業者。ホテルの従業員であるウェイターに、いわれの無いひどい扱いを受けたりします。(邪魔だ!はやくしろ!もっとキレイにできないの?なんてのはあたりまえ。)
ここでも人間嫌いには拍車がかかりました。肝も座ったかも。

ところで一刀両断。
ウエディングケーキですから、ぼくが切り分けるときには、新郎新婦が「御入刀」をしたも後のものが運ばれてきて、それを切るわけですが、
その、「御入刀」の切り跡?刀傷?が人それぞれで、なんか面白かった覚えがあります。
緊張していたのか、かわいくちょこっとしかナイフが入った跡がないもの。
震えていたのか、ためらい傷?がついているの。
写真のためか、2回入刀したもの。
そしてめったに見ませんでしたが、むこう側からこっちまで、見事に一刀両断されたもの。よほどノリの良いご夫婦だったのでしょう。

そんな「小さい笑い」を拾っていないと、ウェイター達の圧力に負けそうな、そんなギスギスした場所でした。

2010_1121_092811-CIMG1412_convert_20101205020806.jpg

余談ですが、そこ(宴会場のバックヤード)で見た銀プラに盛り付けられて、手も付けられていない料理達が、バッサバッサとゴミ箱に捨てられていく光景はには辟易した思い出があります。

牛ヒレとか、伊勢海老とか、バンバン捨てられちゃうんですよ?
「同じ牛ひれ、伊勢海老に生まれるんなら、ココでは料理されたくないな。」
などと訳のわからない事を考えたものです。

なので、ぼくは大人数の宴会とか、パーティとかの料理を作るのはあまり気が進まない時があります。
これがトラウマなのかな・・・余談です。余談。

Colors.

001_convert_20101204025908.jpgむらさきイモのアイス。

2010_1121_121847-CIMG1417_convert_20101124024752.jpgむらさきイモのスープ。

2010_1202_143452-CIMG1444_convert_20101204024735.jpg赤カブのスープ。

2010_1202_143955-CIMG1446_convert_20101204024800.jpg右から、「ノーザンルビー」、「レッドムーン」というじゃがいもです。

2010_1125_115711-CIMG1431_convert_20101127014204.jpgカボチャのスープ。

料理も、スタッフも!?「総天然色」でお送りしております「ともしび」。
気付けば師走突入。今年もあとわずか、よろしくお願いします。
最近の記事
最近のコメント
ツイッター。
プロフィール

トモシビコック

Author:トモシビコック

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる