そしてボチボチ生きてゆく。

涼しい雨が続きます。
シャレにならない被害が出ているところもあるようです。

降らないか、土砂降りか。
優勝か、リタイアか。みたいな。
全然違う。
やっぱり塩梅が大切ですよ。神様。

悲しい事があった先週ですが。
お店は変わらず、ボチボチやってます。

毎年恒例の、ぼくの実家から届くメロン祭りも密かに。
もう、終わりかな。


あの豚肉も。これは「ピクルスと粒マスタードソース」
程よい酸味が、暑い日でも食べやすくしてくれます。


ぼくらは激辛ラーメンで暑気払い。

ボチボチやってます。繰り返すのは、
優しいお声をかけて下さる方が本当に多い事。
皆さんありがとうございます。
リエさんも元気、っちゃ元気です。(笑)
「次は犬かぁ?」
なんてありえないセリフも(冗談で)飛び出してます。

こんな、食べ物屋さんらしくないヘンテコブログでもご覧になって下さる方がいて、心配までしていただけて。

食べ物屋さんらしく、新メニューの紹介や説明とか、イベント出店のお知らせなんかが書ければいいんですけどね。
これって新しいメニューがドドン!てあるわけでもないし。
イベントも、もともとめんどくさがりのぼくは、暑い時期にはさらに引きこもりになってるし。

まぁ、ボチボチやってます。
やらせてもらってます。
皆さんありがとうございましたー。

そろそろ盆休みの計画を建ててお知らせしないと。
スポンサーサイト

それでも人は、生きてゆく。

とうとう丸一日、よく降ります。
なのに水源地では水不足だとか。

ヘコんでいます。リエさん。
お客さんには伝わらないかとは思いますが。そこがヤツのスゴいところ。

モカが死にました。
モカとはネコの事で。

今までなん匹かいたネコですが、最後の一匹で、しかもリエさん最愛のネコ。

まぁまぁ、結構年寄りだったんですけどね。
もうヨレヨレで、ぼく的には
「もう、長くないかもしれないな。」
と、申し訳ないけど思っていました、

それでも、その時がやってくると、やっぱり悲しい。寂しい。やるせない。
気持ちが出て来ます。

つい、一緒にそこで時を止めてしまいそうに、立ち止まりたくなってしまいます。
要するに、何も手に付かなくなる。

でも、明日はやってきます。
ご予約も入っている。
やるしかない。進むしかないんです。

この先の人生もいろんな別れがあると思います。
その度に、立ち止まってはいられませんからね。

生きてるこっちは、生きてゆくしか無いんです。

以前グリーンマイルという映画があって、人よりゆっくりゆっくり年をとる主人公が、家族や友人の死を嫌という程見送り続けて、最期に「やっと終われる…」という風に言っていましたが、
これからさんざん見送ると、
「もう、いいかな。」
という心境になる日がくるのでしょうか?

とにかく生きてる間は、生きるしかないってこと。

仕事していた方が、気分が紛れるかもしれませんが、
リエさんも平静を装ってはいますが、ふとした瞬間に涙ぐんでいたします。
かわいそうです。
しばらくは、かわいそうです。

エヅクほどに泣きながら、モカの亡き骸を埋める後ろ姿を見ていると、
「絶対に私より長生きしてね。」
と言われている約束は、
絶対に守らなければいけないな。
と、改めて思うのです。

心意気に、キゴコロを。

ちょっと前のことになります。

いつも良くして下さるお客さんのご予約。
なんと、息子さんが両親にディナーをプレゼントされるとか。
初のお給料で。

いやぁビックリしました。
自分はあのぐらいの年の頃にそんなこと、まっっったく(´Д` )考えた事なかったですもんね。

さぁてその立派な心意気に、ちょっとでも華を添えられればな、と。
と、言ってもこのピンボケコックに出来るのは、品数を増やすとか、ちょっとでも良く(見えるように)するくらいで。
手間は原価かかりませんからね。


ご主人の秘密(笑)のブログにて、内容の写真、とてもステキにご紹介いただきました。ありがとうございます。

補足させて頂くと、マスターと呼ばれるのを嫌うのは、今まで勤めてきた中で、マスターと呼ばれる人が嫌いだった。(なんて反逆児。)だけで。
あんなに立派な考えは持ってませんよ。(´Д` )

以前から、ご利用いただいているお客さん。
ちょっとお話もした事あるし、好みの物や、どのくらい召し上がるかも(笑)わかってきてる。

図々しくも言わせてもらえば、キゴコロが知れている、といいましょうか。

ある程度踏み込んだボリュームで。
「えぇ?わざわざコース予約したのに、メインが鶏なの?」
なんてヤボなこと言わないって、むしろ鶏が好みだって知らなきゃ絶対やらないようなメインにしたり。

電話一本で、初対面のお客様にお作りするより(そこ出来なきゃダメでしょ。)(´Д` )は、遥かに伸び伸び出来ますね。

おそらくこの春大きな決断をされたであろう息子さん。
それを見守るご両親。(勝手な想像返し。(笑))
立派な心意気には、でき得ることをしてあげたいものです。

ここんとこ。

涼しい夜が続き嬉しいです。
寒いくらいですね。

ここんとこ。

良い豚肉、入っています。

名のある(銘柄のある)豚ではありませんが、国産、栃木県産であることは約束されているようです。

ぼくは、「産地にこだわる」事はあまりしません。
「◯◯産なら間違いない。」
などという、出身地による差別のような、先入観で決めたくはないのです。

出処がどこでも、良いものは良い、良くないものは良くない、ですもんね。

ただ、基本的には良いとされている産地のものは良い時が多いですけどね。

話がそれましたが。
「豚肉しか扱っていない」というお肉屋さん。
ある日ぼくのキッチンのドアをノックして下さったのが始まりで。

枝肉から抜いた抜きたてを持ってきてくれます。
真空パックとか、チルドとかされてません。
から、保存中にへんなドリップも出てきません。


焼いた時に出てくる脂も旨そうです。
デミグラス100パーのコッテリソースをかけてしまうのは申し訳ないくらい旨そうな香りです。
ので、

ちょっとあっさり目に、
「しょうがと黒胡椒ソース」
なんて久しぶりにやったりして。

端っこの方の部分は、テリーヌにしたり、塩豚なんか作ってみたり。
塩豚とキャベツのペペロンチーノ。


塩豚っても、塩蔵まではしてませんから、言うほどしょっぱくないです。
塩してちょっとおいて、ポシェ(茹でちゃい)します。

なんて、最近豚肉がいい感じです。
今んとこ、良いお肉屋さんです。
しいて言うなら、営業さん。
マスターって呼ばないで。(´Д` )

良い素材、面白い素材が使えるのは、嬉しいもんです。


さて、二度寝に入ります。(笑)

夏季休業中。

2、3日涼しい夜で助かりますね。
夏季休業中ってもお店の休みじゃありませんよ。
7月に入って公言どおりスープは冷たくなっております。

今年はなぜかグリーンピースで落ち着いております。
わりとご好評をいただいているみたいです。

冷製スープ、って事は、当然冷蔵庫に保存しているわけでして。
ぼくのキッチンにある小さい冷蔵庫はもともと一杯。

上の二段はお肉ハンバーグ、付け合わせやらバターやら。
一番下の3段目には、サラダの野菜にトマトソース、和風ソースにベシャメルソースにボロネーゼのミートソース。

スープカップも冷やしておきたい。

どうしてもスープポット一本分のスペースが開かない。

うーん…
というワケで、ボロネーゼ。ミートソースをお休みしております。
ランチタイムで使わなければ、ディナーで使用する確率は少ないですので、とりあえず、ミートソースは夏季休業中。

なにか、やりくりして、復活、または、別のミートソースを始められたらいいな。とは目論んでいるのですけど。
最近、ナポリタンがブームだって本当でしょうか?

スマホ活用法。

いや暑い。寝苦しい夜です。

「ご予約の◯◯さん、記念日だって!」
「おぉよ。」
…あれ?記念日のスペルどうだったっけな…?

そんな時はスマホでサクサクっと辞書アプリ。
便利な時代です。

ネタに困ればクックパッドも入ってますよ。(´Д` )


そのぐらいしか、活躍しないぼくのスマホです。
あ、このブログやツイッターにも使ってますよ。
便利な時代です。

適材適所。

いや暑い。
ただでさえ腰の重い休日出勤から現実逃避するには十分な理由になりますね。(言い訳しまくり。)
リエさんおかーさんは美容室。

ガチャガチャランチタイム。

かなり以前にお話したリエさんのココロ意気によって、お客さんの数に対してどっさり使うカトラリーの群れ。
洗うのももちろん一苦労ですが、種類別に分別して、もとあった場所に戻すのもまた一手間。

で、気が付くとこの状態に。
洗って、拭くまではしてあるんですが…ぼくが片付ける事が多いですね。

ある時リエさんに、
「これ片すの、ニガテなの?」
と聞いたら、
「そう、ニガテなんだよね…」
だって。(笑)

そう、そしてぼくはこういうの得意、というより好きなんです。(笑)
そう、美容室の時のパーマを巻く「ロッド」をバラバラに洗って、サイズ別に分別して、片すのと似てますね。
いかに少ない手数で分類できるか。
みたいな事が好き。
ってワケで、適材適所。

休み明けいきなりギチギチです。
ありがたい限りです。
食べてもらえるウチに食べていただきたいです。

そろそろ重い腰をあげないと、明日後悔しそうな感じが…店、暑そうだなぁ。
なんだかもう空がゴロゴロ言ってきましたよ?

いってきまぁーっす…

半歩先を…

7月です。
下半期っすよ。下半期。


先週のあじさい坂。

下りの石段はなかなか不安定で。
タン、タン、タン…
と降りるには、次に足を着ける場所を次…次…と見つけながら歩を進める必要があるわけで。

昔はまったスキーでコブ斜面を滑る時にコースを次…次…と考えながら滑る時や、
もっと昔はまったミニバイクレースでも、コースを考えながら次…次…と走って行く。
そんな感じに似ています。

次…次…と一歩先、というより半歩先、を見ながら行かないと、一歩降りては止まって次の石段を見て、また一歩降りては止まって…
となって、すんごく遅くなりますね。(当たり前か。)

仕事においても、次…次…と予定を組み立てながら進めるのと、一個終わっては次なんだっけな…と立ち止まりながらするのではどえらい違いが生じます。

「いつも半歩先を考えながら仕事しないとダメなんだ。」
と、どっかで見習いしてた時に言われ言われていたのを思い出します。

コレいって(やって)からアレいって…アレが火にかかっている間にソレ終わしちゃって…
なんて、ポンポンとテンポよくアタマがまわり、カラダがついてくる時、そんな時は仕事にはかどりますね。

ムシムシ、ジメジメする日が多い最近、軽々と仕事をするのも楽じゃあありませんが。。。
最近の記事
最近のコメント
ツイッター。
プロフィール

トモシビコック

Author:トモシビコック

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる