旨いんだけどなぁ。

連日の今季一番の冷え込み。
ついにヒョーテンカっすよ。ヒョーテンカ。

寒くなると鍋が旨い。
鍋と言えばネギ。

立派なネギでしょう?
スーパーの地元野菜コーナーで見つけました。

美味しそうなネギを買うと作りたく(食べたく)なるのが、「長ネギのトマトソーススパゲッティ」。
たくさん刻んでゆっくりスュエして、

トマトソースと粉チーズでチャッチャッチャと。

玉ねぎ使うよりはあっさりしていてでもしっかり甘味も。

宇都宮の今はなき小さい名店で初めて食べた時、こんなありふれた材料でこんな旨いものができるんだ。と思った憶えがあります。

しかし…聞こえ的にはネギはネギ。
なんでしょうかねぇ。
今日のランチタイム、一つも出なかったんです…
オムライスやハンバーグにはかなわないか…

旨いんだけどなぁ。
スポンサーサイト

心配事の90%は起こらない?

♪さよ、ならクロール~
ずっとアタマで口ずさんでいました。
「はい、じゃあ今から大腸の中を異常がないかキチンと見て行きまーす。」

遡ること今月初め。
先月受けた健康診断の結果が届き、「大腸がん検診」いわゆる検便の欄に陽性要するにがんの疑いあり。と。
ガボーーン…
オイオイまたかよ。と。

ソッコーかかりつけのお医者さんへ行き、
「あら出ちゃったね。内視鏡検査しないと。」
予約が取れる定休日は3週間後の今日が最速。

初体験の内視鏡検査に行ってきました。
昨日は検査食とやらで食事制限。

今日は朝から下剤みたいな飲料を大量(2リットル!)飲んで、おなかから腸の中をからっぽにして午後の検診に臨みました。

まずは別件の肝臓を超音波検査。
ローションでにゅるにゅるプレイ。
「まだ脂肪ついてるね。食生活注意して。」
これは慣れました。

そしていよいよ大腸内視鏡。
(おそらく)紙で出来た、ケツの所に穴が空いている変態プレイみたいなズボンを履き(笑)、上は検査着に着替え。

かくかくしかじか看護士さんに説明を受け、スタートの横向きから途中仰向けになる練習など。

「あのぅ…自分でも画像見られますか?」
興味本位の質問をすると、
「仰向けになった時、見られますよ。」
と優しく教えていただき。

検査台の上ではもうまな板の上のポニョ。
「ちょっとビビるな…でも15分くらいって言ってたし。アタマでさよならクロール3回歌ってれば終わるよな。」
などとアホな事を必死で考えて。

「はいじゃ見て(行)きまーす。息を大ーきく吸ってぇ、ため息をつくような感じぃ~…」

「はうっ。」
するりと入りましたね、カメラ。
あとはからっぽの腸は閉じているので、空気を送って膨らませながら見て行きます。
ちょっと、おなかが張るような気がしますが、イッターイ!って事はぼくはありませんでした。

仰向けになって、自分の腸内部の映像を見る頃には、さよならクロール歌うのも忘れて見入ってしまいました。
キレイなホルモン!
あれこれと説明を受けながら自分のホルモンを見て。
「特に異常は~…無いですね。キレイな大腸ですよ。終わったら詳しく説明しますー。お疲れさまでしたー。」
と、颯爽と退室するジェントル先生。

あぁ。良かった。
去年のアレよりはずいぶんラクでしたが、実はけっこう心配していました、この3週間。
「もし…」
なんて考えて。痛くない腹が痛く感じたり。(臆病者。)
そりゃあ考えますよね。
でも、なんとなく大丈夫な気がする。と根拠のない自信を持ってみたり。

…不安になってみたり。
クリスマスの予約なんて受けちゃって、出来なかったらどうしよう!なんて思ったりしましたよ。本気で。

そんな時に、ボヤッと見ていた本屋さんの棚にあった本のタイトルが
「心配事の90%は起こらない。」
正確ではないかもしれません。
買ってはいないもんで…(オイオイ。)

まぁ、今回は90%のうちだったんでしょうね。
ただ、まだくたばるワケにはいかないぼくとしては、残りの10%を疑い、用心する必要、義務がありますからね。
業務としても。

まぁ、良かったです。
初めてやった内視鏡検査でしたので、ちょっと面白おかしくご報告してみましたが、気分を悪くされた方がいたらゴメンなさい。

ただ、意外と痛くも恥ずかしくもなく、サクッと終わった検査でしたし、とても安心しましたよ。
まだくたばるワケにはいかない方は、健康チェック、しましょ。

あ、腸に入れた空気。
あとで出ますよ。すっごいオナラ。(笑)

クリスマスはクルシミマス?

フンフンフンフン♪家でまたーりとしてると明日が休みと勘違いしそうですね。
ホットカーペットの上にへばり付いてしまいそう。

リョッケくん。という男がいます。
彼は鹿沼の人気レストラン、アラボンヌママンのオーナーシェフです。

これはママンのママン(マダム)作のカップケーキ。もはや名物ですね。

そうリョッケくん。
カラダも大きいですが、声もデカい。
先日行った先輩のお店で、客席で喋っていたにもかかわらず先輩に、
「カウンター越しに、調理場に声かけられてんのかと思っちゃったよ~(笑)」
などと言われたくらいです。
実に男らしい。
その人柄は彼の作る料理にも現れます。
実に気前良く、飾らない旨さ。

そして、高校生の息子さんのお父さんでもあります。
そのへんを放棄したぼくからすると、まぶしいものがあります。

…褒め言葉はこの辺で。(笑)
話していると、いつも、
「自分はテキトーだ。」
くらいの事を言っていますが、そんな訳ない事は知っています。

そんな彼が、クリスマスの予定を聞くと、
「23日?月曜ですけど、もちろんやりますよ!」
と、こともなげに言い放ったのです。続けて、
「クリスマスはね…苦しまないと…」
とも言っていました。

そうか。
そうなのか。
と思いまして。

当店ともしびも、クリスマスディナー。
今年もやる事にいたします。
大まかなスケジュールも考えてあります。
23日の月曜もディナーのみ承ります。

コースの料理内容は…すいません。
お知らせ出来たらしますが。
お任せでお願いできれば…(リエさんゴメン。)

料金は昨年と同じ¥3990(税込)です。
興味のある方、お問い合わせくださいませ。

人のふり見て我がふり…ではありませんが、ちょーっと告知してみようかなと。
よろしくお願いします。

そんな豪傑で真面目な彼からもらうと、
「元気ハツラツ!」
のメッセージも真実味をますのです。

ありがとう、いただきます。

こればっかりは…

いやぁ、寒い。

そんな寒い夜、バタバタとお店を早じまいして、行ってきました那須塩原市。
大好きな先輩のお店へ。

宇都宮で開業してから、20周年!
偉大なる節目です。


今回はお祝いを兼ねてお客さんとして食事もいただいてきました。

相変わらず、美味しく、キレイ。

20年。普通に考えてもすげぇんですが。
前から知っているだけに、時の流れを感じず、考えずにいられません。
自分もそれだけ年くったんですね。

同行、というより連れて行ってくれた鹿沼のア・ラ・ボンヌママンのご夫婦、(今回は有望なご子息もご一緒でした。)
彼らのお店も今年の夏に15周年!を迎えていまして。

ぼく達はまだ6年…でも、年はそんなに変わらない…ボンヌママンのお二人にいたっては僕らより若い!

ぼく達が15周年、20周年、を迎える頃(続いてればね(笑))には何歳に…?
などと考えてもしょうがない事を考えてしまうのです。

いくらがんばっても、キャリアの差は縮まりませんからね。
こればっかりはしょうがない。

食事のあとお話しすると、さすが同業、この時期はやはり、
「今年のクリスマス、どうすんの?」
ですね。(笑)

他にも他愛ない話で楽しい時間を過ごすことが出来ました。

楽しい時間はあっと言う間で。
帰りもビューっと。
近いですね、クラウンで行くと。
また、連れてってね。


はたと思い出してひっぱりだしたスケッチブック。
覚えてますか?
ぼくが一度だけお手伝いした14、5年前のクリスマスディナーのフォワグラ大根です。
ケータイにカメラが付いてなかった時代ですね。
家に帰って、忘れないうちに書いた覚えがあります。
他の料理も書いているんですが、見せられるのは(マシなのは)これくらいで。(笑)
歴史を感じますねー。
20周年、おめでとうございました!

あれ?

先日プレートを書いている時のこと。


んん?
ボヤける。ピンボケ。
こういうときはけっこう顔を近づけて作業するんですが。
ちょっと離すと見える。ピントが合う。

……ぇえぇぇ~…ろ、老眼?(´Д` )

元来、眼、視力は(超)良い方でして。
今でも、50メートルぐらいならクルマのナンバー読める思いますよ。ひらがなまで。

でも、聞くところによると、視力が良い人ほど、老眼がひどくなるとか。

えー…ちょっと早くない?
っていうか、見えないのって超ヤなんですけどぉ。

冷え込む夜ですねぇ…

考え過ぎか。

やれやれ。
すっかり秋も深まって、フロが楽しみな季節ですね。


行ってきました陶器市。
半年に1っぺんのこの時にしか合わない友人知人達も、普通に
「いらっしゃい、久しぶり。」
と迎えてくれる嬉しい感覚にも慣れてきました。

途中からはあいにくの冷たい雨模様になってしまいましたが。
「土空間」ではストーブが焚かれておりました。

使われていたマッチの絵柄が…
きっと年代物でしょうね。(笑)

今回も、ちょびっとお買い物しましたよ。
…あれ、自分の物がない。
こんな時もありましょう。
さておき、益子に着いて駐車場にクルマを停め歩き出した時、同じく駐車していたクルマ。
どーも左の後ろのタイヤが潰れてる。ような。
ペッチャンコではないけど、かなーり潰れてる。ような。
教えてあげようかな。教えてあげようかな。
ウザがられるかな。
どうしよう。あ、降りてきた。ええい!
「あの~、左の後ろのタイヤ、潰れてる。かも。」
「え!そうですか?ありがとうございます!」
と、見に行くナイスカッポー。
良かった、良かった。遠くの他県ナンバーだったから、きっと高速走るんだろうからね。バーストなんてしたら大変。
良かった…

……大丈夫だったかな?
「なんだよこのくらい。平気だよ。うるせ~おっさんだな。」
なんて言われてないかな?
「考え過ぎ。」リエさん一蹴。

こんな事ばっかり言ってます。
いつも出入りしてる病院で、スタバを探してる風の女子高生。
「こっち行って、あっち。」
教えた後で、
「ちょっと探せばわかんだよ。話しかけてくんなよオヤジ。」
なんて思われてないかな?

本当、気にしすぎ?
性格の問題なんでしょうが。
ビビりぃなんですね。



antのまっちゃん作のカワイイ襟巻き。
「あげたい人がいるから。」
と、オレなんかに幾つも買われて迷惑だったかな?

余計な心配は尽きないのです。
最近の記事
最近のコメント
ツイッター。
プロフィール

トモシビコック

Author:トモシビコック

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる