ミューズ。

ジリジリ暑くなってきております。
…暑いのは苦手です。

日々がんばって過ごしております。
が、なかなか思うようには行かぬ事も。

まぁ、どーにもならん事だということはわかってるんですけどね。
どーにも。(笑)

だからと言って、毒づいて、悪態ついてばかりいたら。

実家から荷物。
大量のエンドウ豆が。

「黙って豆でも剥いてろ。」

と言われたようでした。

いわゆるグリーンピース。ですよ。

こんな風に入ってます。

普段使っている物とは粒の大きさが違いますね。


言われたとうり豆ごはんにもして食べましたよ。

やはり採れたては風味も違いますね。

あとはオムライスに乗せるくらい…

いや。

「生ハムとエンドウマメのクリームパスタ」です。
こういう時の生ハムってどのタイミングで入れるかがずっと課題だったんですけど。
「チリチリに煮ちゃったら生ハムの意味ないじゃん。」なんて。
でもやっぱり最初に習ったオリジナルがいいかと。
しっかり煮ちゃったほうが、生ハムの風味と塩気がソースに移りますからね。
もう迷いません。

話がそれましたが。

ブツクサ言ってないで、手でも動かせ。
と、偶然でも課題をくれる。

そんな味方もついています。

スポンサーサイト

エルニーニョ。

明日はもっと暑いようです。

今年は冷夏。との長期予報が出ているようですね。
とはいえ、夏が暑くないワケないので…

暑いのは苦手です。

が、夏が暑くないと、いろいろおかしくなりますからね。
農作物が育たないとか。
それは困りますので、我慢です。

親に、「あーなれ。こーなれ。」
と言われた事がない子供でした。
(言われても聞いてなかったのかも(´Д` )
それが普通だと思っていたんです。

言われるのは、お店やってるとか、お医者さんだとかの「あとを継げ。」と言われるおうちの子だけだと…
ウチは普通のサラリーマン家庭でしたから。
それがここへ来て数年、ともしびの常連のおばさん達のお話が耳に入ると、いかに子供に対しての希望が多いか思い知らされます。
仕事、収入、果ては結婚相手も親が選ぶ勢いで。
…自分はそんなに期待されていなかったのかと。

もとい。
冷夏に加え世界各地では干ばつや洪水などの異常気象だそうで。

その原因とされるのがエルニーニョ。
南米沖の海水温の異常からくる一連の異常気象。

これ、今日見たニュースの受け売り(笑)ですが。
でもこういうこと、知ってる小学生でした。
なんだか、そういうサイエンス系の小難しい本を定期購読してたんです。
写真の多い、当時にしてはいいお値段してた本だったと思います。
だから、

こーいう海水温の画像も見たことあるんです。(ちなみに上の画像がエルニーニョ現象時。下が正常。)

その頃の本には、「スーパーエルニーニョ」って紹介されてたと思いますが。

なんでそんな本…と思いますでしょ。
その時代はまさにスペースシャトル計画が始まったばかり。
宇宙に憧れる太っちょ小学生だったんです。

太っちょゆえに、宇宙飛行士は運動神経的に無理だろうと。
当時から無理はしないタイプ(笑)

事実、宇宙兄弟読んでも「コリャ無理だ。」と改めて思いました。

地上の管制にでも…などと本気で憧れていて、小学校の卒業アルバムにも「航空宇宙局」と書いてました。


そんなぼくを見て、定期購読に踏み切ったのかは定かでありませんが、唯一何かを期待された瞬間だったのかも知れませんね。

けっこう大人向けだった本。
小学生には難しい漢字も出てきますが、読みたいから調べる。
ゆえに漢字、といいますか読書、その後の活字中毒な生活の役には立ったかも知れません。

「なんでもいいから、雑誌を1年間読み続けると、ポリシーが生まれる。」
って、昔友達が言ってましたが…

その後はそんな世界とはほど遠い道をあっちフラフラ、こっちフラフラ…と期待を裏切り続ける人生だということは言うまでもありません。(笑)

ウケウリ。

暑いんだか寒いんだか。

…5月って長く感じますよね?

庭にバラを咲かせるのはなにやらステータスがあるようです。

さておき。

「怒られるのは、それだけ期待されてんだよ。」
とか
「自分が厳しく指導されて、後輩にも同じく厳しく出来る人は親切だね。」

など、偉そうに演説ぶった先日。

「…全部どっかで聞いたセリフだろうよ…」
まぁ、いつもの如く反省会です。

ぼくの言うアドバイスなんてほとんどがいつかどこかで聞いた受け売りでして。

作る料理もどっかしかの受け売りですからね。(´Д` )

受け売りでも、その昔自分が言ってもらってホッとしたり、救われたりした事、なるほど納得した事のある言葉です。

そしてそれを言うのは、その当時のぼくと同じような状況、心境であろう人。

うかつなアドバイスは出来ないな。
と思った時ほど人からの受け売りが多いでしょうか。

人生いろいろ。
無条件に、
「大丈夫だよ。きっと大丈夫。」
って言ってあげたくても、うかつな事は言えない事もあるんです。

男の子女の子。

いつの間にやら半袖が当然です

連休の喧騒も遠のき、今日の休みはけっこう余裕で。

リエさんと二人、部屋の掃除もしました。
と言っても自分は風呂場だけですが。
全方位カビキラー。
シュッカシュッカシュッカシュッカシュッカシュッカシュッカシュッカシュッカ
やって、ちょっと放置ターイム。

と、ぼくの後ろにいたリエさんが、
「ゲッ!…あーあ。そのTシャツもうダメだね。」
「あら、そう?」
脱いで確認したら、

おわかりになりますでしょうか。

ちぃと漂白されちゃいましたね。
「まぁ、これもアジでしょ。」
と、また着ようとすると、
「ええ、また着るの?」
「だって、まだ続きやるじゃん。」
「じゃあ、ズボンは脱ぎなよ。履き替えて。」
「なんで、どうせもうどっかは付いちゃってるよ。」
「いいの?お気に入りのズボンでしょ。」
「気に入ってるから今履いてんの。」


リエさんは、普段の仕事においても洋服が汚れたり、ハイターが付くことを非常に嫌います。

対してぼくは、まったく気にしていません。
制服やコックコートを決めている店ではないので、普段着と仕事着が混同されてるんです。

男子と女子の思考の違いでしょうか。

故に、気に入って新しく買った洋服などを仕事に着ると、
「なんで?いいの?」
とよく言われますが、気に入ってるから仕事に着るんで。

そりゃあね、ぼくだってバカじゃないんで、良いお値段出して買った洋服などは仕事には着ませんよ。

ただ、その幅がリエさんとは違う。
持ってる服は大体、仕事着になっちゃいます。

そうでもしないと、着る機会なくなっちゃうでしょ。
いつ着るの。今でしょ。(もう風化してる?)


隠れキャラ。

風の強い一日でしたね。

隠れキャラ。
ファミコン世代のぼくにはゼビウスのソルやスペシャルフラッグ。スターフォースのクレオパトラ(ボーナス100万点!)
…などなど、ゲームである条件を満たすと現れるキャラクター。

今度のランチメニューに、条件は満たさずとも見られる隠れキャラ(?)紛れ込んでます。

通常の日替わりランチのメイン。

…魚料理なんて年に数回あるかないかなのに…しかも尾頭付き(笑)

ギャートルズかっ!

デザートの絵では、

かぼちゃのプリン

しっとりショコラ。

洋梨タルト

グレープフルーツのプリン。

と、いつものデザートが何枚づつかに。

手描きの強み、遊ばせてもらいました。

描き終えてからしばらく経ってますが、今日改めて見て、
「まぁ、いいんでない?」
という感想を持ったのでまあ成功でしょうか。

描いてる時は気付かず、しばらく経って見ると
「コレは恥ずかしいでしょー。」
って思っちゃう時ってけっこうあるんですよね。

全7枚。隠れキャラ見に(?)ご来店お待ちしております。(笑)

ジゴク耳でPOSシステム。

…暑いのは苦手です。


POSシステム。ファミレスなど大きなレストランでオーダーをとっている店員さんがピッポッパと使っているあれですね。
ピッポッパ。とすると、電波でキッチンにオーダーが届き、チャイム音と共にオーダー表が印刷されて出てきます。
複数のテーブルの注文を取る時など、いちいちキッチンへ読み上げに戻らなくて良いという効率的な機械です。

一度この機械が導入されているお店で働いた事がありますが、あまりにも無機質に出てくるオーダー表。
忙しい時などはちぎるヒマがないので長ーくなって。
いく度となくその機械を叩き壊したい衝動にかられたのを思い出します。

耳がいいです。
地獄耳ってやつです。

ついでに言えば目もいいです。…老眼気味は否めませんが。

さておき、ともしびの狭い店内。
地獄耳のぼくには店内の会話はほぼ聞こえます。
聖徳太子の能力は無いので、ぜーんぶ聞き取っているワケじゃあないですが、

これは…?と思って聞き耳を立てるとそこだけ聞き取ることができます。

そしてウチのペラ子は声がでかい。
ので、お客さんのところ注文を取っている内容がぼくには丸聞こえなのです。

だから、忙しい時などはヤツが戻ってきて注文を読み上げるより早く、調理に取りかかっていたりします。
まさにPOSレジ。…集計は出来ませんが。
ちょっとでも早く、です。

ムネがトキめくんです。

ざわつきますね。
気候も暑かったり、寒く感じたり。

前出のブログで「日替わりランチはチキンが多い。」と書きましたが。

日替わりの料理は基本、鶏か豚でして。
ハンバーグを定番でデーンと鎮座している以上、そうなっちまいます。

「魚は?」「その他の肉は?」
などというお声もありましょう。
もろもろ検討して、いろんな素材でいろんな料理を登場させるようにがんばります。(自分で上げるハードルその1。)

その鶏肉。チキンですが、ウチはもっぱら、ムネ肉を買ってきます。

同じ鶏肉でも、モモ肉の方が重宝されているし、洋食のソテーには使われている事が多いですよね。

ではなぜ、ムネ肉が好きなのか。
…ムネが嫌いな男子はいませんよね。
さておき。

ムネ肉にはイミダペプチドと呼ばれる疲労回復に良いとされる物質が多く含まれているとか。
これは後から知った後付けの話で。
でも、高タンパクで低カロリーですし。

…リアルな理由としては、
まず、安価な事。それゆえ一人前の大きさをドン!と大きく付けられます。

始めたばかりの頃は、お金無かったですからね。

重さと形を整えた時に出る切れ端の肉はオムライスの中、チキンライスの具になります。
チキンライスってムネ肉っていうイメージありません?


昔勤めた大好きなお店のあの料理にも使われていましたし。


かの地のフランス料理でも、どちらかと言うとムネ肉の方が重要視されているようです。
鶏肉の部位の中でもシュプレーム、(至高の)という呼ばれ方をする事も。
焼く、というより煮る、というか茹でる。という使い方で。
しっとり仕上がりますからね。

それに対して日本は焼く。焼き鳥の文化が根底にありますので、焼きに向いているモモ肉が主役になりやすい。

では、ムネ肉を焼くのは?
まぁ、パサつく。
よく言われるところですね。

そこを上手く焼くところに、マニアな楽しみがあります。
日々、いろいろ感じながら焼いています。
皮が付いてる時は皮をパリッと。
身はパサつかないように。
(自分で上げるハードルその2。)

難しいのがトキめく時もあるんです。

マダム・ウェンズデー。

オーゴンシューカンが怒涛の如く過ぎ去って、いつものパターンになりつつある…ようなないような。

本当にありがたいことに当店ともしびはリピーター、繰り返しいらして下さるお客様が多いです。

中でも毎週水曜日にいらして下さる方が。
来て下さるようになってどのくらいでしょうか。一年…いやもっと?
来店されてお帰りの際に、
「来週も…」
と、ご予約を入れて下さいます。

嬉しくもあり、けっこうなプレッシャーでもあり。

よく日替わりランチを召し上がるのですが、少ないレパートリー。
同じようなものばかりで大丈夫かな?
と不安になることもしばしば。

「なんで?なんでいつも来るのかな?」
とリエさんに問うてみたところ、
「食事の組み合わせがお好きみたいよ?」と。
「最初にサラダが出て~、スープが出て~、メインとパンで~…メインはチキンが多いでしょ。で、付け合わせの野菜があって~、コーヒーが出る。って言うのがいいみたいよ。キレイになれるんですって。」
組み合わせ…ごく普通のランチセットだと思っていますが。

野菜を最初に。っていう食べる順番はカラダに良いと聞きます。
メインがチキンの時が多い。…確かに(笑)
コータンパクですからね。
付け合わせ…確かに、引くに引けなくなって増えた野菜は基本5~6品目。
で、食後は消化活動を活発にするコーヒーで。
極めて普通な洋食のながれですが、極めて理にかなっているんですね。
そんなところを気に入っていると言って下さるお客様に、洋食の良いところを改めて教えてもらったような気がしました。

今日もお見えでした。

絞りだして、(笑)チキンソテー、オレンジソースでした。

マダム・ウェンズデー(勝手にこう呼ばせていただいております。)(笑)
これからもお待ちしております。

日替わりランチのレパートリーには悩みますが…(笑)



後半いってみよ~…の前に。

日中は汗ばむ陽気。
ゴールデンウイークらしいお天気ですね。

さぁ、ゴールデンウイークも後半のヤマ場の4連休を残すのみとなりました。
(当店ともしびは5日の月曜日は定休日です。)

毎年ゴールデンウイークは、なかなかキンパク感のある日々で。
用意は周到にしておきたいものです。
明日のオレに死角はないぜ。…たぶん。

…さておき、そんな後半に入る前に前半のご報告で。

恒例行事の益子陶器市に出かけてきました。
今回も、都会より来たる友人達のご案内ツアーで。


今回写真はこれしかないのです。(´Д` )

いつもの出店者の皆さんも元気そう。
これといって買い物は無かったのですが、いつ行っても良いもんです。

これ。スゴいの。


お湯を注ぐと…

注ぐと…

こんな風に。

たくさんの具が!
もなかみたいな皮は、もちもちのお麩に!

陶器市ツアーの数日後に、案内した友人から届きました。
ステキなポストカード付きで。
ありがとうございます。

去年も、すぐにお礼のお便りをいただきましたね。

そのせいなのか、去年の陶器市でたった1日ご一緒しただけとは思えない親近感で今回も楽しめました。

実はバイリンガルだと知った瞬間に尊敬のまなざしになってたリエさん。(笑)
「上~品!上~品!」
と連呼しながらお吸い物、いただいておりましたよ。

ありがとうございました。
またご一緒しましょうね。

この春転職したアイツが大量のタケノコを持って現れました。

ごめんね、もっと常連さんが揃ってれば全部なくなったのにねぇ。

クックパッドで下ゆでの方法調べて。(´Д` )

ちゃあんと美味しくいただきましたよ。

リエさん作、タケノコ多めの青椒肉絲。

ごちそうさまでした。

日々、「コレはネタになるな。」という出来事や考えがアタマに浮かびますが、いざ書くこの時間になると忘れちゃって…

また思い出したら書きますね。

さあ、後半いってみよー。


最近の記事
最近のコメント
ツイッター。
プロフィール

トモシビコック

Author:トモシビコック

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる