よくばりランチプレートのはなし。

番組後半で重大発表、あります。
気になる方は最後までお付き合いくださいね。
(別にコロコロ~っと送っちゃってもいいですけど。(笑))

いや涼しい。
このまま秋でいいです。なんて言ってはみたものの、さすがにまだ8月。
このままでは終わらないでしょうね。

よくばりランチプレート。
というメニューがあります。

これにスープと飲み物とデザートが付いて、1700円もします。

いわゆる、ちょこちょこ盛りってやつです。
自分じゃ絶対注文しないですね。(問題発言)
なに食ったかわかんなくなるじゃないですか。(笑)

それはさておき。
こんな感じなので、作るのお時間かかります。
本当にかかります。

ぼくは作り置き、しませんので。
そりゃあ注文受けてからデミグラス作るわけないですよ?(笑)
2週間、お待ちください。
なんつって。(笑)

さておき。

早くって30~40分。
長くって1時間以上。

これ本当です。

それを聞いて、ウチのサービスに食ってかかるのはおやめください。
況してや、
「出るの予測できんだからある程度作っとけないの?」
などと仕事のやり方にまで言及するのなんて以ての外です。

またまたさておき。

見た目がアレですので、食べ応えもあります。
女性の方ですと、けっこう覚悟して臨んだ方がいいかも。です。

よくよく見れば、前菜2、3種、サラダ、スープ、パスタ(グラタンの場合多し)、メイン(ハンバーグの場合多し)、そしてオムライス、デザート、飲み物、なので、ウチのコースを味わえる。
とも言えます。
けっこうお得かもです。
…こんな事言っちゃうとまたアレだな。
もっと毒、ドク。(´Д` )

まあね。
見た目がアレですからね。
写真撮ってSNSにアップしたくもなりますね。

冗談はさておき。(今日は何回さておくのか。)
本題です。

お作りするのにお時間かかります。
という事で、
それなら予約注文しておいて開店時間に作っておく。
というサービス。
勝手ながら終了させていただきます。

一部の方々の間で「裏ワザ」として扱っていただいておりましたが、裏ワザはウラ。
知らなかった方々からすると不公平感がハンパない。

開店時間に同じに来店下さったお客様。
一方で、「大変お時間かかりますが、よろしいですか?」
と言った直後に、別のテーブルには完成したプレートが運ばれていく。
えー?じゃあアレは?
みたいな。

そういった事を避ける為にも、
「お作りしてお待ちするサービスは終了させていただきます。」
ご利用いただいていた方々には申し訳ありませんが、
なにとぞご了承下さいますようよろしくお願い致します。

もちろん、こんなブログですべての方々にお知らせできるとは思っておりませんので、
お問い合わせの際に順次お断りさせていただきます。

けっこうツラいんですよ?
やってた事をやらなくする決断っていうの。

時間がないの!という方は時間のある時に。
意外とうっかりされているようですが、
当店はランチメニュー、土日祭日関係なくやっております。

時間さえ頂ければ、必ずお作り致します。

ただ踏ん反り返って言ってるわけでもありません。
ちょっとでも早く作れるような工夫も考えております。

今まで何度となく廃止の危機にさらされている(ぼくの機嫌で)ランチプレート。
その度にリエさんが反対運動を起こして生き残ってきました。

今回もめでたく現政権が勝利(笑)して、続行が決定しました。

やるからには、きちんと、皆さんに満足していただけるように今回の決定と成りました。

よくばりランチプレート、ご注文の際にはお時間かかります。

ご友人とお話しされるもよし、人生見つめ直すもよし、ボーッとするもよし、パズドラするもよし、で少々気長にお待ちくださいね。



スポンサーサイト

お盆休みありがとうございました。

暑さもピークを越えましたでしょうか。

先週はお盆休み、ありがとうございました。(遅い。)

過去の記事を読み返してみたら、例年は5日間でしたね。
今年は諸事情により1日多く6日間いただきました。

長く休むと
「お客さん来てくれるかな?」
という不安に駆られるのが常ですが、
そんな不安も杞憂に終わり、開けてみれば多くのお客様。
ありがとうございます。

いや本当に不安になったんですって。
例によって最終日は一日中仕込みをして店にいたのですが、問い合わせの電話も、間違えていらっしゃってしまう方も少なくって。
「あらー、これはついに…?」
などと思っていたのです。
まあ、今回はそれだけ告知が行き渡った、って事でしょうか。

お休み前半の事はちょっと書きましたが、後半の2日間は珍しく遠出をしてきました。

信仰の山、月山を望みながら、

山形県は酒田市。


主たる目的はお墓参りでした。
立派なお寺が多い!
寺町と言われるほどに、両隣がお寺!なんて光景も珍しくありません。

ちょろっと観光して、

映画「おくりびと」の舞台にもなったそうです。




土地のもの食べて。
いろいろ知ってる人と一緒だと、食べ物のトリビアを聞きながら食べられて勉強になりますね。
むきそば、岩ガキ、
まぐろでごまかさない、地魚の刺身。
口細ガレイ、
海藻を固めた「えご」は酢~み~そ~?で。
アガーだな。うん、アガーだ。
夕日が見えるのは日本海ならでは。

愛犬が心配で仕方ない老夫婦のお共ですので、翌日は朝食摂ってちょろっとお土産見たら帰路につきました。
夕方3時には帰ってきましたよ。

それで僕らもちょうど良かったみたいです。
久しぶりのお泊まり。
いつかの塩原温泉以来でしょうか。

車で栃木県以北に出るのは、ガンガンスキーに行っていた20代以来、20年ぶり。
車で山形県は初。酒田市も初。
岩ガキも初。(そここだわる。笑)

まだまだ行った事ない、知らない事が多いですねー。日本だけでも。

両親のお共も出来て、一石二鳥でした。

お休みありがとうございました。
営業再開しております。(だから遅い)
よろしくお願いします。


それにしても、お出かけってお金かかりますね~。
(特に高速料金に驚きをかくせない世間知らず。)
世の中のお父さんお母さん方は大変ですねー。(と尊敬すら覚える)

夏雲奇峰。

8月13日~18日(火)の間、お盆休みを頂いております。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い致します。



夏雲奇峰、などと申します。

お盆休み、頂いております。
連休前意外と手間取って、初日の13日は終日グロッキー。
助かる事に涼しかったこともあり、ゴロゴロゴロゴロ~…
そんな自分を尻目にリエさんは部屋の掃除をパタパタパタパタ。

反省を踏まえた2日目は、洗車やら庭木の手入れやらをしたり。



マルヨシったり。
行くたび何か進化してますね。

そして3日目の今日はお盆らしくお墓参り。
お墓参りもそこそこ。
せっかくここまで来たんだから、と出身の町の人気カフェで一人メシ。

ランチでこのサラダって、すごくない?

カツオのたたき丼もちゃんとカフェテイスト。
テイクアウトで買ったチーズプリン(完食後で失礼)これが美味しいの!

縁あって仲良くして頂いてるオーナー氏とお話ししてたら、今年で10年!を迎えるそうで。
10年ひと区切り、で何か新展開をお考えのようです。

何かと不安もあるでしょう新展開。
でも、それを語る彼の表情はどこかホッとしているようにも見えました。

まじめー。な仕事をする方なのは、お店に入っても、食事しても、彼の手を見てもわかりますよ。
そんな戦場のような調理場からひとたびでも解放されるのはホッとするんでしょうね。
そしてリフレッシュしての新展開。
来年が楽しみです!

僕たちともしびPLUSも、先日9年目に突入しました。



(順不同でアップしております。)
遅くなりましたが、
皆さん本当にありがとうございます!
多くの方々に見守られてここまで続いています。
お店自体はもう少しで40年を迎える化けネコ(笑)クラスですが、ぼくが加わってからは9年目。
歳の割にまだまだ年数が浅い僕たちですが(態度はデカい?けどね。)10年目ももう少し。
ひと区切り、などと思っているわけではありませんが、日々楽しいことばかりではなく。
まさに日々戦場。

今日15日は終戦記念日。
70年前の今日、「終わってくれた…」と口に出せずとも安堵された方々がきっとあると思います。

深刻さはケタ違いですが僕たちもやはり、いつかは解放される、せざるを得ない時が来るんでしょうね。

その時まで楽しく、時には厳しく。
終わりは笑って、ホッとしたいものです。

お墓の上の夏空に、そんなことを思う夏休み。




話は単純。

まずはお知らせを。
8月13日(木)~8月18日(火)の6日間、
お盆休みを頂きます。
少々長いお休みですが、なにとぞご了承下さいませ。


暑いですねぇ。
今年のぼくは暑さに強いとは言ったものの、なにかとやりずらくて、イヤになっちゃいます。

お盆休み直前、ちょっとヒマだし、仕込みや仕度もスローダウン…
などと思っていた先週末、突如として多くのお客様が。
見事に空っぽになった冷蔵庫の前で、
「明日から連休でちょうど良いんでないの?」
などとアホなボケをかましつつ。

連休前、あと2日分を上手く作らないと…
と、珍しく休日出勤した定休日。

タイミングのいい事に、リエさんはおかーさんと美容院。
気兼ねなくパタパタ出来ます。

動き出しはつぶやき?で、「こき使われてる。」みたいにブツブツ言ってましたが。
やはり料理は嫌いじゃない。

お客様が来る事のない、仕込みだけに集中できると気持ちいいくらいはかどって、
ちょっと作りすぎたかしら…(笑)

それが済んだら、お花屋さんへお支払いに行ったり、駐車場代お支払いに行ったり、(支払いばっかりだな。)
リエさんのポンコツ修理したり。

よく、特に自営業の人どうしだと特に、
「店やってると、定休日だって店の用事で終わっちゃう。」
なんて、あいさつのように言ってる事がありますね。

まぁ、でもそれはそれ、休みだと思うんです。
それも仕事だから休んだ気がしない。
とか言ってたら、
じゃあ何もしなければ休みなの?
的な話になるワケで。

我ら自営業、好きな事を自分のペースでやれる仕事。
いつだって心は休みみたいなもんですから。

なくなれば、作る。
やる事あれば、動く。

終われば、自由。(笑)


理由は単純、

オンオフ自在。

それが、
そこだけが、いいところですね。


ドレッシングのはなし。

まずはお盆休みのお知らせを。
8月13日(木)~8月18日(火)の6日間、お盆休みを頂きます。
少々長めの連休ですが、ご了承下さい。


忘れまじ、ヒロシマ。
確かに昔より、ノーモアウォー。な空気は薄らいでいるかもしれませんね。
時の流れなんでしょうか、それとも…
絶対にいけません。

さておき、今日はドレッシング。
ともしびには常時、3種類ドレッシングがあります。

1つはおかーさん時代からの、秘伝(笑)のドレッシング。
これは、カレーのセットのサラダにしか使いません。
どこが秘伝(笑)かって?
ほぼ、目分量なんです。
大丈夫、ここ2、3年は2代目リエさんが作っております。

2つ目は、シーザーサラダに使っているドレッシング。
前にも書いた気がしますが、シーザードレッシングとフレンチドレッシングの中間くらいに作っておいて、その他の仕込みにも使えるようにしています。


そして3つ目は、大根サラダに使っている和風のドレッシング。


これ、和風です。(笑)
サウザン?とか言われるようですが、
和風です。(笑)
ちゃんとお醤油入ってます。

これも、前出の先輩から教わったドレッシング。
ただ、教わったのがサラダ油7ℓ!で作る分量。
そんなに多くの材料も、できたドレッシングをしまっておくところもないので、割り算割り算(笑)で、小さく、今のキッチンでもやりやすい分量になりました。
その過程で、「大根サラダにしか使わないなら…」と、新たな材料も加えるようになったり。
夏はやっぱりさらりとさせたいとか。
いろいろ考えて作ってます。

でも、基本は教わったドレッシングですよ?

同じ場所で修業した、とかでなくとも同じ仕込みをする、同じレシピを持っている方がいるのは必然なことで。

たぶん、この流れをくむ、同じ、或いは似たドレッシングを作るお店がひとつ。
隣町の人気レストランのご夫婦。

そのご夫婦に聞いた、ドレッシングのエピソード。

仕事中に夫婦ゲンカをして、その腹いせにママン、もとい奥様。
シェフの休憩用のイスに、シェフにおやつの柿ピーをぶちまけて、さらには仕込んであったドレッシングをかけちゃった。
っていう。(笑)黒魔術かなんかの呪いみたい。(笑)
そこでシェフがさらに怒…らなかったのがすげー、本当すげーと思います。

ちゃんと発散するとこ発散して、抑えるとこ抑えてる。

そしていつも笑顔で。
そんなふたりだから、17年もの年月続けることができるんでしょうね。

あ、今日だ。(´Д` )
鹿沼、ア・ラ・ボンヌママンさん。
開店17周年おめでとうございます。
これからもがんばってください!
そしてこれからもよろしくお願いします。

今日も暑そうだ。


オムライスのはなし。

暑い…ですね。


オムライス。

これについて少し。

特に、子供の頃好きだった!
とかいうわけでもなく。

この料理の成り立ちを気にしだしたのもコックになって1、2年経った頃でしょうか。

本当にど素人で入った世界。
職場の同僚や先輩で調理師学校出てる人や既に他のお店を経験して来てる人から様々な話を聞くにつけ、
へー、コックって、洋食ってそういうもんなんだ…って。

最初の職場はスパゲッティメインのイタリアン。
次のお店はフレンチ。

オムレツ作れなくっても平気でした。

でも、調理師学校とかではオムレツ試験とかあったりするって。

ホテルの調理場では、ヒマだと卵を箱で置いといてみんなでオムレツ練習するんだって!失敗のオムレツが山のように積まれて、食べろって言われてももうウンザリするくらいなんだって。
なんて話も。
オムレツって、卵焼きだろ?
なんて思ってた最初の頃。

それがなぜか、イタリアンでもフレンチでもない、「洋食」っていうカテゴリーに惹かれ始めるのです。

当時はまだ、オムライス出してるお店って少ないっていうか、中途半端に「古い料理」っていうイメージがあって。

勤めていたイタリアンでも、お客さんに
「ナポリタンはないんですか?」
なんて訊かれても、
「すいません、扱ってないんです…」
なんて。
お店にケチャップが置いてありませんでしたからね。
全てはトマトソース。

話がそれましたが、どっちかっていうと昔の料理、仕事に憧れるようになっていくのです。

で、紆余曲折の末に最後、どうしても働きたかったあのお店に。
そこではいろいろ学びました。

ほぼ同世代といってもいいオーナーシェフが若い時から始めたお店。
それでも、勉強しに来てると考えてくれて、
「なにかやってみたい料理、ある?」
ってちょくちょく聞いてくれました。

で、言ったのが
「オムレツとかオムライス、作れないんです。自分。」

言ってもその時点で5年くらいの経験はありましたからね。
すっごく、思い切って、恥を忍んで言いました。
先輩は一言、
「あー…そうなの?」
「じゃあ、やってみる?」
って、自分のオムレツ用のフライパンを貸してくれました。
お店のメニューにはオムライス、あったので先輩の作ってるところはずっと見てましたから、なんとなく手順はマネることが出来ましたが、うまくいくはずもなく。(笑)

「じゃあ、明日からまかない、オムレツ作ろうか。」って言ってくれたり。

テレビで見る見習いみたいに、フライパンにタオルの丸めたの入れて、トントン回す練習したり。

そのせいあって、なんとかカタチになるようにはなりました。
1度だけ、先輩と二人で並んでオムライス競争したのはいい思い出です。

当時練習したのは鉄製のフライパン。
今はちょっと弱気になって、こびりつかないテフロン加工のフライパンを使っていますね。

そんな経緯があってメニューに存在し続けているオムライス。

中はチキンライスです。
ずっと前に料理王国か通信に載っていた、資生堂パーラーのチキンライスの作り方を踏襲しています。
素早く出来る画期的な動作です。

名店のレシピで作ったチキンライスを卵で包めば間違いないでしょ。
と思ってやっています。

なによりオムレツ。
毎日が実践練習みたいなもんです。

フライパンから宙を舞って、チキンライスに着地するとろりオムライス。
いつかはやってみたいですねぇ。

そんなオムライスいかがでしょう。

最近の記事
最近のコメント
ツイッター。
プロフィール

トモシビコック

Author:トモシビコック

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる