DREAM COME TRUE?

まずはお知らせを
今週木曜日、夜7:30~のとちぎテレビ、
「栃木発!旅好き!」
で紹介していただけることになりました。
壬生町出身の新進の俳優、湯川尚樹さんが来てくれました。

これまでの失態を考慮して(笑)、今回はリエさんが全部対応しました。
イケメンと対峙して、テンパっているリエさんを是非ご覧ください!
今回はね、自分映ってないからバンバンPRしちゃいますよ。(笑)
木曜日午後7:30、とちぎテレビです。


ベストか、オリジナルか。
最近はドリカム聴きたい。
コック☆です。

さておき、

先週からの工事、無事終了しました。
駐車場等、ご迷惑をおかけしました。

ビフォーアフターします?

キレイになりましたよね。

今回はブルー。
現行の赤系にするか、色を変えるか。
変えるなら何色に?
ぼくとリエさんは同時に、
「青。」
そして最終決定は、オーナー、家主のおかーさんに…
「いいんじゃないのぉ?変わった!って感じで…」
というわけで、平和的に決まった色です。

個人的に青い屋根には憧れというか、思い入れがありまして。
その辺書き出すとまた長くて女々しい(笑)ことになるので。
好きな色です!

スムーズで良かったです。
もちろん出来映えも。
塗装屋さんおすすめです。

もういっちょ載せちゃいます。


…正直、今は夢叶ってます。
ビンボーヒマなしですが。(´Д` )

オムライスや洋食を作る、小っちゃいお店のキッチンで働くって、小っちゃいユメね。

おかげさまで日々厳しくも楽しく。

地方局とはいえテレビにも紹介されて。
(結局はそれ言いたい?)

でもね…
ユメってひとつじゃないんですよね~(笑)
よくばり。

実現に向けてまだまだがんばりましょー!

さて、師走でごわす。

スポンサーサイト

ご迷惑おかけします。

いや寒い。
明日は冷え込むらしいですよ。

養成ギブス、装着完了しました。
一週間ほどで、ヌーヴェルともしびに換装予定です。

冗談はさておき、予定していた屋根の修繕、塗装工事始まりました。

見た目思いっきり工事中ですが、中は通常営業します。

足場がかかった分、店舗横の駐車スペースが1台分使用出来ない状態となっております。
今まで以上に駐車場問題が重くのしかかってきそうですが…

一週間ほどで…雨の予報がありますねぇ。
雨だと工事、延びるそうなので。
10日間くらいでしょうかねぇ…

その他なにかとご迷惑をおかけしますが、
中は通常営業します。
ぜひよろしくお願いします。



ビフォーの写真を撮っておきました。
ビフォーアフター!でどのように変わるか、ぼくも楽しみです。

ご迷惑をおかけしますが、しばらくの間ご容赦くださいませ。

フラン、ふらん。

まずはお知らせを2、3。
本日22日の夜はご予約のために貸し切り営業とさせていただきます。
なので本日のランチ終了後の営業は
午後4時ラストオーダー
午後5時閉店となります。


来週、ともしびは屋根の修理、塗装の作業が入ります。
一週間程度で終わる予定ですが、天候等により、前後する可能性もございます。
店の周囲に足場が組まれたりと何かとご不便をおかけするかと思いますが、ご理解ご協力のほど、よろしくお願いします。

つきましては来週の火曜日、24日は臨時休業をいたします。
店の周囲に足場を架ける工事が入るためで、もろもろの安全を考慮した上で早めに決定、お知らせいたします。
来週は月曜、火曜と連休いたします。
申し訳ありませんがよろしくお願いします。



にんじんのフラン、という料理があります。
左の方の、にんじん色した四角いやつですね。
フランって何?と思いますね。

「ふらん…ってした食感の食べ物。」(笑)
これはその昔、その質問をしたぼくに職場先輩が教えてくれたアンサー(笑)。

その時はデザートでしたね。「かぼちゃのフランとグラスバニラ」ってやつ。
数種類あるコースの中の、真ん中くらいの値段のコースのデザートでした。

「かぼちゃのプリンとなにが変わんないんだ?」
などと生意気な事を思っていたような。
ちがうのは、提供直前に蒸し器で温めていたこと。
その時ぼくはデザート担当じゃなかったのですが、注文が入るとコールド(前菜とかデザート担当の人)が
「フラン、お願いします。」
って、プリンカップに入ったかぼちゃのフランを差し出すので、それを蒸し器でいい感じに温めて戻す。というのが役目。

その時の担当の方がちょっと年上の面白い先輩で、そのオーダーがある度に、
「フラン、つっても腐ってる(腐乱)わけじゃないんですよ?(笑)」
って言ってくるんです。
本当に、毎回。(笑)
逆に言わないと、機嫌悪いのかな?って心配になるくらい。(笑)
さておき、その温めたフランをお皿にあけて。
かぼちゃ色した、台形の、カラメルのないプリンみたいです。
そこへバニラアイスクリームを添えて、カラメルクリームをたらーりとかけて、ローストアーモンドをぱらり、ミントを添えたら、さあ急いで持ってけ!
フラン温かいですからね。バニラはどんどん溶け出します。
わがままなデザートです。(笑)

今の写真撮る方々には、はた迷惑な料理
。撮ってる間にアイス半分…(笑)ってね。
フランに関わったのはそれきり。

その後大好きなお店で仕事した時に先輩が、
「野菜のフランとかさ…いいよね。」
って言ってらしたんですが、メニューに入ることなく。

以来、関わることがなかったフラン。
とあるブログで(急に現代風。)とあるお店のランチの前菜によく出てきていて。
鮮やかなオレンジ色の四角い物体。

作ってみたいな。
と思っていろいろ手わすら。(方言?)
素材を卵で固めるんでしょ。単純に。
から始まって、いろいろ試して。

クリーム入れて、柔らかめのやつを器に流して、それこそプリンみたいなのもあるみたいですが、ぼくが作ってみたいのは四角く立っていられるやつ。

スパイス入れる方もあるようですが、にんじんはにんじんっぽい方がいいかな。

正解がわからないまま、自分なりに出来上がって行ったんです。(そもそもそのブログのお店に食べに行ってない(´Д` ))
あるお客様に、初めて褒めていただいた時に、「あ、これで大丈夫かな。」って思って。
ソース付けた方が…
やっぱりスパイス…
とかモヤモヤした気持ちもありましたがそれも消えました。

にんじんは、いっぱい出るんです。

付け合わせのグラッセ。
ぼくの下手なトゥルネでは、切り屑がたくさん(笑)。

ソース作りに回してもいたんですが、
こっちでも使えると思えば、もっと大胆に切り屑出せる。(?)

そんな感じでにんじんのフラン。
一心不乱に作ってます。
色もキレイだし、お皿も映えます。
腐ってるわけじゃないんですよ?(笑)

…長くなったな。
褒められたからはりきったな…

またちょっと。

まずはお知らせを。
来週、ともしびは屋根の修理、塗装の作業が入ります。
一週間程度で終わる予定ですが、天候等により、前後する可能性もございます。
店の周囲に足場が組まれたりと何かとご不便をおかけするかと思いますが、ご理解ご協力のほど、よろしくお願いします。

つきましては来週の火曜日、24日は臨時休業をいたします。
店の周囲に足場を架ける工事が入るためで、もろもろの安全を考慮した上で早めに決定、お知らせいたします。
来週は月曜、火曜と連休いたします。
申し訳ありませんがよろしくお願いします。


この色褪せた屋根がどうなるのか。
ちょっと楽しみ。

先日、ワガママを言って行ってきました。

昨年に引き続き、こちらの会場(笑)で。
あいかわらず美味しいもんばっかり!

昨年の細く長く(笑)。、以来一年ぶり。になっちゃいました。
今年の新年メールで「今年はもうちょっとマメに…」なんて言ってたのも何処へやら…結局一年。

会うたび、
「どうなの?今は。」
「今後の展開はどうすんの?」
と、グイグイくるのはいつものこと。
マスターにまで聞いちゃって。(笑)

聞けるのは、うまくいってる証拠。
そしてちょっとだけオトナになったよね。お互いに(笑)。
怒るのは疲れる、とか。
こだわりながらもこだわらないとか。

近くが見えにくくなった(老眼!)とか(笑)。

いやぁ、丸くなったねぇ。

そして経営者にもなってました。
いや、前からそうなんですけど。
もっと、そうなってました。
今になってわかるあの会社、社長の良さとか話し合ったり。

ぼくはいつもそういう話になると、
「自分はちっちゃいなぁ、こんなんでどうしようかなぁ。」
ってザワザワしちゃってたんですが、今年はちょっと違いました。

去年会った時は「新展開」を始める直前で、どうなるか不安な気持ちもある頃でしたが、
おかけさまで新展開後も落ち込むことなくできていますから、
「とりあえず、100点満点じゃあないけどさ。うまくやってるよ。」
って言えました。

ちっちゃいなりに、
今はこれで行こう。
って思ってるんだと思います。

いろいろ話を聞いていると
友人やお客さんにも恵まれているんだな。
と思いました。

2軒目の焼き鳥屋さんはやめれば良かったね(笑)。

やっぱりぼくの何倍もしっかりしてる。
本当にブレない友達。
ブーランジェリ・ア・ランシェンヌのコバヤシ君。
今度こそ新しいお店に行きます。

細く長く、またひとつよろしく。
…もちょっとマメにしてもいいか(笑)。

道化の役割。

まずはお知らせを。
来週、ともしびは屋根の修理、塗装作業が入ります。
一週間程度で終わる予定ですが、天候等により前後する可能性もございます。
何かとご不便をおかけするかと思いますが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。




サーカスを見てきました。
56年ぶり(確か)の栃木公演!
のキャッチフレーズに惹かれたのか、その情報を見た時から目がキラッキラになったリエさんに気圧された格好で。

聞けば、
「サーカス一度も観に行ったことない。」そうで、ならばと。

ぼくは子供の頃に2、3回観に行ったことあって。
残っている印象は金網の鉄球の中をオートバイがぐるんぐるん走り回って、エンジン音がうるさかった。と、
ピエロが恐ろしかった。どうも苦手だったらしい。
ぐらいで。

さすが56年ぶり(確か)。
平日でもけっこうな人出で。

楽しめましたよ。
大人になってから観るサーカスはやっぱり見るところもちがって、裏方の動きとか、セット替えの手順なんかも、素人ながらも「なるほど!」と思えるといったヘンな見どころも。

終わって、会場近くのマルヨシさんへ寄り道。

そこで、
「サーカスで何が一番良かった?」
という話題に。

リエさんは、「キリン。」
ええ?目玉のホワイトライオンじゃないの?
「いや、キリンが一番感動した。」
だそうで。

ぼくはといえば、なんとピエロ。
子供の頃はあんなに恐ろしかったのに。
客席の方まで来て、ステージに連れて行ったりするじゃないですか。
子供の頃はあれが恐ろしくって、目を合わせないようにしていました。(笑)

今回はそのピエロの登場するタイミングが、公演の合間、それこそセット替えや、次のプログラムの準備をステージでしている時に、お客さんの目をステージから逸らさせたり、時間、間を埋めたりと、とても重要な役割を果たしているんだな。
と、思ったわけで。
その間にしっかりと準備ををしたおかげでステージ上で息を飲むような神業演技ができるわけで。

とても重要な役割なのに、そうは見せない。
そんなことを思いながら、ピエロをみていました。


今年の帽子。
これ以外にもいろいろ帽子かぶりますが。
いつだか「ピエロだろ。」って
聞こえちゃったとか
聞こえなかったとか。

赤いベレー帽デビューした時は、

「なるほどね。」って自分でも
思っちゃったとか
思わなかったとか。

まあね。

ピエロもやるもんですよ。

ライス・イーター。

ぼくもこれからは、ごはんをひと粒も、いや半粒も残さずきれいに食べたいです!

さておき、新米の出揃う季節ですね。


ごはん大好き人間のぼくにとっては嬉しい季節。
やっぱりごはんですよ。ごはん。
なにひとりでテンション上がってんだ?
って話ですね。

で、冒頭のくだりになるわけですが。
あの一節は小学校の頃、中学年か高学年のときにでしょうか。
学校で書かされた「お米とわたし」というテーマの作文の最後の一文でして。
「ひと粒も、いや半粒も…」という強めの語気がきっとウケるんじゃないかという姑息な太っちょ小学生の作戦は的中し(笑)、学校の代表として応募され、佳作かなんかビミョーな入選をして帰ってきた。
という記憶があります。

折しもコメ余りが取り沙汰されていた時代。
学校給食に米飯給食が導入されたのもぼくの頃からですね。(それ以前はパン食しかなかったって、信じられます?)

そんな作文を書いたせいかはわかりませんが、子供の頃から無類の米好き。
おやつにごはん食べてたぐらい。(それはおやつか?)
いかに少ないカレーで多くのごはんを食べられるか?なんて考えたり。

そんな少年時代が、今の体型のベースを作ったんでしょうね。(笑)

それから、米を取り巻く環境は変化し、
米不足なんて事もありましたねー。
外米だ、インディカ米はどうだ、とか話題になったり。

そして何より、いつからか、ごはんの、炭水化物の摂り過ぎは良くない、という残念な真実が常識となり。

うんと食え、たくさん食べて、元気になれ。というのは昔の話。

お店のランチでも、ライス残される事があります。
ちょっとなら、食べきれなかったのかな?
とか思いますが、ひとくちくらいしか食べられていない、極端にはまったく手をつけていないライスのお皿が戻ってくる事もあります。
昔ならまったく手をつけないなんていうと、何か不手際が?なんて不安になったりしましたが、昨今ではそういった健康管理の面で手をつけないという原因も考えられるわけで。

ごはんの盛りが良いのがウチのリエさん。
若い男子だったりすると、勝手に多めになってたりもします。
それで残ったりして。(笑)

最初のライスはちょっと少なく盛って、
「お代わり一回まではできますよ。」
っていう方法も考えたりしましたが、
ただでさえひとりでてんてこ舞いしているペラ子の役割を増やすのもちょっと…

ただ、食材、食糧です。

もともと食べるつもりがないのなら、
「ライス、いりません。」
「ライス、少なめで。」
のお声をかけていただけると嬉しいです。

その際、値引き。は行なっておりませんし、考えておりません。

ご存知(?)のように、飲食の利益の部分は価格の10%程度。
1100円のランチから100円、50円引いちゃったら…ということになりますね。

あと、作戦として。
パンをチョイスして、
「食べないので温めないで下さい。」
と言っていただければ、袋に入ったままのパンをお持ち帰りでお渡しできますよ。

まぁ、ただ単に、
お前んとこのライスが不味いから残すんだよ!という方や、
代金払ってるんだから、残そうがどうしようが勝手でしょ?
という方には関係ない話ですね。(笑)

有名ブランド米ではありませんが、栃木県産の、栃木の何処かの生産者さんが1年かけて作ったお米には違いありません。

粗末にはしたくないものです。
勝手な事言ってますがよろしくお願いします。

…そんなぼくもお米の食べ過ぎ注意なんですけどね。(笑)

ごはんがうまいんだもん。




ジェネレーションギャップ

いや寒い。

秋深し。ですね。
今日(昨日か)は恒例、秋の益子陶器市へ行ってきましたよ。

あいにくの雨模様。
これでも、小降りになる午後を狙って行ったんですけど。




買ったもの
食ったもの
いろいろ。

バイザウェイ。
ところで、

話はぎゅーんと変わりますが、先日のハロウィン。
異様な盛り上がりを見せているようですね。

ウチのサービスもハロウィン仕様。
一応、あのテーマパークのホー○テッドマンションのキャストさんみたいなイメージらしいです。
まあ、ウチの店もオバケ屋敷みたいなもんですからね。(笑)

…ハロウィン。
いつぐらいから意識してます?

ぼくは正直、かなりオトナになってから、ですね。
それ以前にも、
アメリカには仮装した子供が家々を回ってお菓子をもらうイベントがある。
っていうのは知ってた気がしますが、それが秋の10月31日なんて知らないし。

オトナになってから、特にケーキ屋さんに勤めていた時にはいろんな意味で意識するようになりましたね。
だから仮装して街へ繰り出すなんてとんでもない。
それが今やバレンタインを超える市場だとか。

…ねぇ。
いろんな情報が飛び交う世の中。

恵方巻とかもそうですね。
イベント事が増えてます。

子供の頃からそれになれ親しんでいる世代とはやっぱり感覚が違う。

仕事のことでもそうです。
もともと子供の頃はスパゲッティなんてナポリタンとミートソースぐらいしか知らないし。
茹で上げ?なんのこっちゃ?(笑)
高校くらいでタラコスパゲッティの存在を知り。
コックの世界に入って、ペペロンチーノの意味を知る。(笑)みたいな。

パンの種類も本当にいろいろ増えた。
ハード系のパンもオトナになってから。

そもそもこの仕事に入った20年前とか、オリーブオイルなんて珍しいし、スーパーでも置いてるとこと置いてないとこがあったりして。

まかないでエキストラバージンオイル使ってドヤされる。みたいな(笑)。

昔は珍しかった食材や道具も、今や身近に、簡単に手に入るし、そういう環境で育った若者達は、子供の頃からイタリア料理やフランス料理に親しんでいる彼の国の人々に近い感覚が身についてるんじゃないかと思います。

前菜、なんてカテゴリの料理、そうとう特別な事でもないと食べる機会なかったですからね。

かぼちゃのプリンだって珍しかった。

…なんて、まあ全部、ぼくの住んでたところが田舎だったからかもしれないんですけどね~!(笑)

そんな、だいぶ古めの人間の方に入ったコックですが。
現代に臆することなく、頑張ります。

…仮装はしませんが。(笑)


最近の記事
最近のコメント
ツイッター。
プロフィール

トモシビコック

Author:トモシビコック

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる