FC2ブログ

ジローに学べ。

暑かったり
寒かったり。
今年は激しい気がしますよねぇ。

過日。ついに行ってみましたジロー。

周囲を見て、食べきる自信がなくなって慌てて「野菜少なめ」に。(笑)

有名なんて超越して
もはやひとつのカルチャー、なのでしょうか。
なんでこんなこと言うかは後ほど。

同じ町にありながら行ったことないのは
「コワイから。」
非難してるわけでも悪口言ってるわけでもありません。
ストレートな表現です。
事実、行ったことないっていう方々に理由を訊くとだいたいこの言葉が。

有名なだけに前情報がすごいんですよね。
量がすごいとか
残せないとか喋れないとか
15分で食べないとダメとか
どれが本当でどれが間違いかわからないくらい。(笑)
特に注文のしかたはいろいろと前情報が。
ウチはお客さんがいろいろ教えてくれるんです。
そうすると、コワイ(笑)。

噂や情報は持ってて、理屈はなんとなく知ってるんだけど、行ったことない「陸ジロー」。(´Д` )

サーフボードクルマに付けてて、ファッションもサーファーなんだけど、海に入ったことない「陸サーファー」的な。(笑)

そんな万年陸ジローのぼくらに
どーしても、ジローを食べさせたい!って言うお客さんがいて、そんな事言ってもらえるのもシアワセなことだと思い、この度初めてジローを味わうことに。
そもそも行ってみたかったんですけど。(笑)
「ジロリアン」かどうかはさておき、けっこう通ってるお客さん。
一緒に行って、一緒に並んでもらいました。

食券をゲットしてご満悦のペラ子。

そこからはダダダダダダっ!て食べてみんなで帰ってきました。

感想は?
そうですね、美味しくいただきました。
いや本当に。
噂どおり、ラーメンというより、ジロー。

ただ、ぼくら5人で行ったんですけど、
なんか1人で食べてきたみたいな感じ。

ピーンとした空気の中、FMが淡々と流れて
菩薩のような表情のマスターの発する
「ニンニク~入れますか?」の一瞬に神経を集中。油断してるとその奥には殺し屋のような目をしたお嬢さんがサービスのタイミングを窺っています。

もはや、目の前のジローを食うしかない。
という状況。

ウチみたいに、お喋りしたり、
ペラ子がペラペラしたり
店内飾ってみたりと

雰囲気でごまかすような事は一切していません。

ムダなものは全部削ぎ落として味の勝負。
これはもうぼくらの飲食業とは別の文化だと思います。
雰囲気半分。
雰囲気や接客でそこそこの味が美味しくなる。
というような仕事しか出来ないぼくにはマネ出来ないなー。と。

しかし逆もまたしかり。
ぼくはもっと笑って、雰囲気良くしていかないと。(笑)
料理がアレですから。

がんばります。

3回食べると虜になると言うジロー。
すでに2回目、行ってもいいかな…なんて思ってる自分が。
もうしばらくしたら、ぼくもジロリアン?(笑)


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://sabotomosibi.blog96.fc2.com/tb.php/1003-03197883

Comment

Comment Form
公開設定

最近の記事
最近のコメント
ツイッター。
プロフィール

トモシビコック

Author:トモシビコック

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる