本棚。



あたたかな日が続きます。春ですね。先日は中学校の卒業式だったとか・・・自分は卒業して何年経ったか・・・

自宅の本棚(といってもちっちゃいんですが。)の上でリエさんが育てていたヒヤシンスの水栽培が花を咲かせました。根っこが貧弱で一時は心配でしたが、最近のあたたかさで一気に育った感じです。
仕事を終えて部屋に帰ってくると良い香りを漂わせています。

003_convert_20100121012941.jpg

この本棚の本はほとんどぼくの本です。ご覧の通り、料理に関するものばかりです。
かなり古い、それこそ見習いの頃に買ったものから取ってあります。
買ったものばかりでなく、もらったものや、プレゼントされたものなどたくさんあります。
でも、これは氷山の一角に過ぎません。あと、段ボール2箱ぐらいが、押し入れに眠っています。

捨てられないんです。雑誌にいたるまで。一度だけ、若い見習いの子に2冊あげたことがあるだけ。

「そんな、昔の雑誌なんて、読まないでしょう?」
と、思われる方もありましょう。ところが、読み返したりするんです。これが。

この料理、この店、も一回見たいな、と思うと、その号の表紙でわかるんです。
いまだに、1997年の7月号と、1998年の12月号の「料理王国」は、引っぱり出すことが多いです。

他にも、有名シェフの本など(これはだいたい海外修業のときの苦労話が多いんですが)を読んで、「自分はまだまだだな。」と思い、モチベーションが上がったり、と料理の知識以外の部分でも役立っています。

これからも、増えることはあっても、減ることはない貴重な財産です。他の人にはただの古本でしょうが・・・

壁一面の大きな本棚に、料理本がいっぱい。っていうのにあこがれますね~。

スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://sabotomosibi.blog96.fc2.com/tb.php/162-6add00ec

Comment

Comment Form
公開設定

最近の記事
最近のコメント
ツイッター。
プロフィール

トモシビコック

Author:トモシビコック

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる