誤差とプレッシャー。

2010_0516_120352-CIMG0763_convert_20100520061442.jpg

よく、「美味しかったです~。とってもなめらかで~」などとお褒めの言葉をいただきます。

素直に、「ありがとうございます。」とお答えしていますが、そのあとに「良かったです。たまたま・・」などと付け加えていると思います。

「すごく、○○でした。」など細かな状態にまで言及されると、「あぁ、そうなの?」と思う時がしばしばあるからですが、料理にしろ、デザートにしろ、元の食材の良し悪しや、作業のなかでのわずかな誤差。(特に火加減、温度管理)などで厳密に、すごく厳密に見れば、毎回まったく同じ状態とは限らないのです。

もちろんお客さんには気づかれないような細かい点であることがほとんどですが、ビミョーに違ったりします。
そして、なぜそのような結果になったかの原因はだいたいつかんでいます。
素材がこうだった。とか、あのときに温度が下がったかな。とか。

ホントに細かいところなんですが、そんな誤差はあります。

なので、毎回同じにできるかどうかのプレッシャーには毎日さいなまれています。
「どんな時でも同じ味が出せるのがプロだ!」と言われてしまえばそれまでなんですケド・・・
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://sabotomosibi.blog96.fc2.com/tb.php/201-af29f09d

Comment

Comment Form
公開設定

最近の記事
最近のコメント
ツイッター。
プロフィール

トモシビコック

Author:トモシビコック

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる