知らなんだ。



知らなかったです。「小惑星探査機 はやぶさ」。
こんなに盛り上がっているとは・・・

というか、2003年に打ち上げられていたことすら知らなかった・・・当時いろいろキツい時期だったもので・・・

これでも、少年時代はちょうどNASAのスペースシャトル計画がスタートし、盛んに発展を遂げていた時期。
小学校の卒業文集の「将来の夢」には、なぜか「航空宇宙局」とだけ書いていたくらいの宇宙少年。
当時から体力的に宇宙飛行士はムリだと悟っていたのでしょう。関係の仕事に(管制室とか)つけたらいいな、と思っていたのだと思います。
結局、高校生くらいまではその夢を追っていたと思います。

先日地球に帰還した野口さんがほぼ同年代だということを知って、感慨深いものがありました。

しかし、すごいですね~!60億キロメートル!そんな遠くを操れるラジコン(!?)のようなものがあるなんて。
正確にはほぼ自立制御らしいのですが・・・すごすぎます!ニッポンのテクノロジー。
大気圏再突入と同時にカプセルを射出し、自らは燃え尽きていく映像は、美しく、もの哀しげでした。

それでも、1光年は9兆4600億キロメートル。!!!(yahoo!知恵袋調べ。)アンドロメダ銀河までは230万光年。ちょっと近めの北極星でも431光年。
9兆4600億×230万=・・・・

銀河鉄道999っていったい・・・・あー果てしない。

スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://sabotomosibi.blog96.fc2.com/tb.php/222-49fe7ca1

Comment

Comment Form
公開設定

最近の記事
最近のコメント
ツイッター。
プロフィール

トモシビコック

Author:トモシビコック

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる