めくるめく・・


先日に引き続き、またまたお花をいただきました。こちらは宇都宮の名店、フランシーズ・ナチュール のオーナーご夫妻からいただきました。
こちらのお店では、働かせて頂いていたこともあります。
自称一番弟子!かな・・・どう思われているか自信はありませんが・・・

ここのご主人には、本っ当にいろんなことを教わりました。それこそ、料理のこと、デザートのこと、お店の運営に関することまで・・・

教える、ってもスタンスが違うんです。「コレ、やってみる?」とか、「コレ、どう思う?」とか。
共に作業をしている感がすごくあって。

なんでもやらせてくれるから、なんにもできないクセに、ガツガツ仕事しました。なにかしようとしているのを見ると、「ソレ、やりますか?」って。でも、知らないからどうやるのか教わることになる。
とっても邪魔な弟子だったと思います。

こんな事がありました。冬にジビエの話をしていて、猟銃の免許をとったら、日光あたりで鹿なんかとれるのかな?って。
「いざとなったら引き金を引けなさそうじゃない?」
「でも、サンペイ君なら{やりますか?}ってあっさりスターン!って撃っちゃいそうだよね。(笑)」
そのぐらい、ガツガツしていた。ウザかったと思います。

憧れて、働きたくって、入りこんだお店。全てを吸収してやろうと躍起でした。
こんな規模のお店で、なんてステキな料理が出てくるんだろう?きっと何か特別なやりかた、手法があるに違いない。と思って飛び込んだ厨房。

入ってみると、なんのことはない。やるべき作業をやるだけでした。すごい速さで。どんなに忙しくっても、かけるべき手間はかける。要は手抜き、省略なし。ブール・ブランを注文ごとに仕上げていた時もありました。

夕方に、予約の電話があって、その電話を切った後シェフが「これで2人は確実だ。」って言うんです。
そんな心配しなくっても、連日満席なんですよ。勤めているぼくからすればウンザリするくらい。

でも、自分でお店を運営するようになって、今その気持ちが良くわかるんです。
「今日はお客さん、来るかな?」「1人も来なかったりして・・」とか思うんですもん。

そこで過ごした10年前の夏。あの夏も暑かった!でも、楽しかった。熱かった。間違いなくぼくの人生が変わった経験だと思います。

今でも時々食事にいったり、来て下さったり。電話で近況を話したり。
2010_0803_200000-CIMG1077_convert_20100804022619.jpg

なんといってもこの二人にほめられるのが1番嬉しい・・

舞い上がって長々と昔話・・・失礼しました。



スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://sabotomosibi.blog96.fc2.com/tb.php/250-541e0d29

Comment

Comment Form
公開設定

最近の記事
最近のコメント
ツイッター。
プロフィール

トモシビコック

Author:トモシビコック

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる