意ー味なーいじゃーん。

2010_1217_201235-CIMG1467_convert_20110113015026.jpg

今日、宇都宮の某サカヤカフェ付近の可愛らしいスタッフさん達がランチしに来てくれました。
同業の方たちに料理するのはビビります。

ぼくはキッチンに入りっぱなしなので、当然ウチのペラ子、リエさんが何かとオシャベリをして来てはこちらに伝えます。

「ねぇねぇマルヨシさんが、~で~で、だって。あと、ブログ読んでますだって。」
ぼくは当然調理中。
「~ぁあ、そう。じゃあ、ぼくも読んでますって・・」
言っといた!♪~ウタが好きですっても言っといた。~♪。」

「・・そう。よろしく言っといて。」
果たして、今のやり取りは必要だったのか?

一事が万事。だいたいのことがこんな調子です。
「ねぇねぇ、このお客さん、デザートどうしたらいいかな?」
「あぁ、じゃあシャーベットかなんかと・・・」
「え?プリンじゃないの?なんで?」
「・・ぁプリンで行こうか。」
彼女が聞いてきた、相談してきた時にはだいたい答えが決まっているんです。そしてほぼ、向こうの意見が採用になる。
じゃあ、最初から「デザートこれ出したいからよろしく。」の方がサッパリしていていいと思うんだけど・・・

何度か、そのような話し合いをしたことがあるんですけど、この、ぼくにとっては意味のない「意見交換」は、重要なようです。

人間、コミュニケーションが大事、大事。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://sabotomosibi.blog96.fc2.com/tb.php/363-281063bf

Comment

Comment Form
公開設定

最近の記事
最近のコメント
ツイッター。
プロフィール

トモシビコック

Author:トモシビコック

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる