むかーし、むかし。

014_convert_20111115013839.jpg

今週は冷えるようですね。
秋の夜長・・眠れぬ夜です。orz.

昔話をひとつ。

最近は、このぼくがなんなのか?と興味を持って下さる質問がたまに耳に入りますので・・
「美容の仕事」をしていたというところにヒットされる方多し。
そして「ダイレクト」にこの事に質問を投げて下さった方がいますので、ダイレクトに・・と思ったら、文章が長くなりそうでとても収まらない。で、こっちに書いて一石二鳥。

やってましたよ。美容師さん。
・・・うるさい。今はこうですが、若い頃はもうちょとそれなりだったの!

5、6年ぐらいやったいたでしょうか。見習い2年。技術者(お客さん入れるようになって)2年ちょっと?
まぁ、人生からしたらものすごーく短い期間です。

なんではじめたか?ノリですね。たまたまバイト先周辺の美容室の方々と親しくなって、高校終わってフツーに就職したのに、簡単に(10日くらい?)で辞めちゃって。
「フラフラしてんならうちに来な。」
って言ってもらって。
根は真面目な方なので(自分で言う?)一生懸命学びましたよ。通信教育の美容学校で学科しながら見習いで。

もともとヲタク人間なので、細かい作業や技術は好き。カット技術とかいろいろ興味もってました。

ここからが核心。

それがなんで、コックなのか?
・・・飽きちゃったのかもしれませんし。ただ、辞める時は、
「いろいろ限界。」
って偉そうなこと言ったかもしれません。

カットしたり、ロッド巻いたりとかっていう仕事、技術は好きなんですよ。ヲタクだから。
ただ、お客さんがキライ。(おいおい・・)
しゃべらなきゃいけないじゃないですか。いろいろ。コレがぼくにはキツイ。
月並みな会話をするのが、そらぞらしくってイヤ。お世辞やおべっかもダメ。
まあ、ガマンが足りなかった。といえばその通りなんです。
努力はしましたよ。話題に困らないように「雑学事典」なんて読みあさったりして。

難しいですよね。そういう接客や付き合いって。
仕上げ終わって、
「これで大丈夫ですかぁ?」って開きの鏡でバックシャン見せるじゃないですか、
その時の「コレで良いわっ。」というお客さんの表情が全然満足してなかったりすると、
「ダメならダメって言ってよ・・」とか思ってひどく落ちたりしてた。

けっこう昔の話なので、(しかもぼくがいたのは田舎)男性の美容師に世間が寛容でなかったというのもありますかね。
シャンプー台までいって、拒否られること多々。
偶然来た同級生の女の子にも拒否られたときはちょっと・・ね。(こっちが願い下げだぁ!って)

だから、指名につくのは子供か、おばあちゃんばかり。
子供は、なんにも考えてないし、おばあちゃんのお客さんは、息子か孫を見るような眼で、施術中ずっと、
「エライねぇ、エライねぇ~」
って言ってるような人ばかりだし。

まぁ、なにせ、鏡越しに接客するのが恐怖になってたんです。パーマやカラーだと接する時間も長いし。

そんな感じで要するに逃げたんですわな。

コックになったのは、なりゆき。(とことんちゃらんぽらん。)
人と向き合うより、食材や火と向き合ってた方がラク。ですもん。

とはいえ抵抗もなかったです。母方のばあちゃんちがラーメン屋さんで、調理場、厨房にはなじみがあったし。
子供の頃から、料理はやらせてもらえたから、(小腹が空くとタマゴ焼きをおやつに作る小学生orz.)
なんの違和感もなく。
その後会った美容師の先輩に、
「コックさん?良かった、むいてると思うわよ?だって、美容師の時見てられなかったもん。」
と言われた時は「どうゆう意味?」と思ったりしましたが、

今も続いている事を考えれば、ま、あの時の選択は間違ってはなかった。って事で。

むかし、むかーしの話です。
昔話・・・ぼくが最終回?
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://sabotomosibi.blog96.fc2.com/tb.php/521-10212b33

Comment

Comment Form
公開設定

最近の記事
最近のコメント
ツイッター。
プロフィール

トモシビコック

Author:トモシビコック

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる