安心のために…

「どうっ?休憩いけそう!?」

下っ働き時代、勤務していたレストラン。
ランチタイムが終わり、2階のレストランから地下にある厨房に降りるエレベーターで偶然シェフと2人きりになった時にかけられた言葉。
ひょんな事から自宅から1時間半かかる街のレストランに。
まー苛烈な毎日でした。
本当の下拵え担当から、ろくな経験もないぼくが憧れのポジションに。
涼しい顔はしてたつもりですが、腕がないのはバレバレで。
周りに迷惑をかけないようにするのが精一杯の毎日。

そんなぼくの精神状態を感じてか、時々声をかけてくれました。
注意される事も多かったですけど。

男前なんです。このシェフは。
そして誰よりも早く出勤して、一番最後に帰る。
ぼくがいくら早く出勤しても、必ずいました。
今でも、すげェな。と思います。

そんなシェフのお言葉になんと答えたか。
「大丈夫。とは思いますが、安心のためにはまだまだやりたいことが。。」

なんてハッキリしない、ウジウジした返事なんでしょう。情けない。

胸を張って、大丈夫です!休憩いきましょう!となぜ言えない?

言えないんです。フレンチレストランなんて、ランチはそこそこ動きが読めても、ディナーとなると、予約がきっちり入っているぶんを除くと、まるで読めない。
一番高いコースの素材なんて、何人分用意すればいいか…出ない時は一食も出ませんし。

なので、いざ!という時に「ありません」「やってません」と言って迷惑をかけないように、安心するまで仕事したいんです。

そんなぼくの肩を叩いて、
「安心のために、ね…」
とちょっと笑ったシェフの笑いの意味は未だ持ってわかりませんが、

そのぐらい昔から、ぼくの不安症は存在して。
だから今でも、
「いいじゃん明日でも。」
などとお気楽な事をいうリエさんをよそに休日にプリンを焼き、ラタトゥイユを煮るのです。

昔話、と仕事の言い訳でした。(´Д` )
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://sabotomosibi.blog96.fc2.com/tb.php/573-2ac2b126

Comment

Kens | URL | 2012.04.17 22:09
大変ですよねぇ


何となくではありますが分かります


うちなんかはまだ食材メインではないから全然楽ですけどね…(´・ω・`)  


まぁ


でもうちはもう入り口に注意事項を貼ってあるのでない時はないから出来ませんって言っちゃいますね(´・ω・`)  
Comment Form
公開設定

最近の記事
最近のコメント
ツイッター。
プロフィール

トモシビコック

Author:トモシビコック

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる