サキヨミ。

もう寝ないと。


とっくに帰ってきてはいるんですけどね。
とはいえ、夜仕込みをしていると、あれもこれも、ときりがなくなってしまいます。
明日の予約の人数がいつもよりちょっとだけ多い、と思っただけで、それもやっといた方が、あれもやっといた方が…と、作りすぎます。

が、ムダにならず、使い切ればムダではないので、今のところ、バランスはとれているようです。

元来、「先を取る」タイプ。

次に起こるであろう状況をある程度想像しては、対応策を考えながら生きています。
ので、大抵の事にはあまりびっくりしません。
予想している事が多いので、
逆に全く予想もしていない事が起こった時のテンパり具合はハンパないです。

遡る事小学6年生の今頃。(なんと30年前。)
2階立てほどもあろうかという高さに積み上げられた建築資材に登って、塀越しに隣の麦畑へ飛び降りる。
という遊びに興じておりまして。
耕したばかりのフカフカの畑を踏み荒らす最低の児童でしたね…

デブでヘタレだったぼくは、腰の引けた跳躍で、着地の瞬間!
「バリッ!」
そして襲ってくる激痛!
はい。骨折。

その後の事はよく覚えていないんですが、泣き叫んでいたようです。
心配そうに見下ろす仲間達に囲まれていたのはうっすら覚えているような。

その後、犬の散歩中だった家族に発見され、病院へ行き、入院したぼくはさらにデブったのです。(´Д` )

後日、学校へ復帰したぼくに、あの時居合わせた仲間達が、
「~さ、あの時「ザブングルが見たいよぉ。」って言ってたよね。」
と、笑いながら冷やかすのです。

ザブングル。現代人の皆さんはお笑い芸人の方を思い出されるでしょうが、話の舞台はもっと昔。当時テレビでやっていた、ロボットアニメです。(ワイルドな少年少女が、青い変形ロボットでドンパチやるって内容だったような。)

そう、飛び降りて、骨折したのは放送がある土曜日の午後。
あの激痛の中でも、
「あぁ、これで、今から病院とか行く事になったら、ザブングルは見られないー。」
と、「先を取る」考えを巡らせていたのでしょうね。(笑)

もって生まれた性格なんでしょうか。

予測や先読み、大事ですけどね。
ほどほどにしたいものです。

明日はどっちだ?
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://sabotomosibi.blog96.fc2.com/tb.php/661-6b7e1dd6

Comment

| | 2013.01.30 15:29
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Comment Form
公開設定

最近の記事
最近のコメント
ツイッター。
プロフィール

トモシビコック

Author:トモシビコック

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる