えいとキャベツ。

あそびに行ってきた話の続きです。

続きというか、訪れた順番からすると、ここが一番最初になるんです。

フレンチの名店、「コートドール」。
予約を入れたときから緊張して。堅苦しいとかってんじゃないんですよ。ずーっとずーっと「行ってみたい」「食べてみたい」と、ずーっと思っていたからでして・・・
001_convert_20090222013826.jpg
この本を先輩からもらったのが約10年(!?)前。それからことあるごとに読み返し、一部暗記できる部分もあるくらいで。いろいろ想像して、やっぱりいってみたい。

今回やっと行けるチャンスが巡ってきて。

洗練されたお店とお料理でした。

アミューズ   メヒカリのパン粉焼き
前菜     さわらの燻製焼き、紅芯(コウシン)大根添え
主菜     えいとキャベツ
口直し    小田原ミカンのソルベ
デザート   マルキーズ・ショコラ・エスプレッソソース
コーヒー   カプチーノ

アミューズはもちろん、前菜のさわらからもうガチッときちゃって。

そして、えいとキャベツ!これはシェフの斉須政雄氏のスペシャリテで、この料理の誕生に至る話など、本で繰り返し繰り返し読んでいて、エゾ鹿のステーキとどちらか選べたんですが、迷わずこれにしました。りえさんはもちろんステーキのほう。(前菜もサワラか、野菜のカクテルのどちらか選べたんですが、ふたりともサワラにしてしまいました。)

えいが、美味しい!んです。久しぶりに料理で感動しました。いろいろ事前情報を知っていたせいもありましょうが、絶対にそれだけではなく、口に運んだ瞬間にフワッと何かがこみ上げるような感動がありました。
ソルベも、ショコラもおいしい。

飾り立てた皿ではなく、シンプルに、乗っているものは全部食べるためにあるものだけです。デザートによくあるミントの葉すらついていません。飾りは無用なんです。

来てよかった。そう思ってそろそろ出ようと席をたち、キャッシャーに行くと、なんとシェフが出てきていて、先のお客と話をされています!(そのお客さんも、名だたる料理雑誌の編集関係のかたで、顔と名前ぐらいは本で見て知ってました。)

「ホールには出ません」
というシェフのポリシーは知っていたので、お会いすることは絶対ないだろうと思っていたので一瞬にして緊張モードに入ってしまいました。

その横を通過して帰ろうとしたら、サーヴィスの方が気を利かせてくれて、なんとシェフが出口まで出てきてくださいました。

舞い上がったぼくは、上着のポケットにしのばせていたこの本を取り出して、(なぜ持ってった?)
「憧れでした!」
一言だけ。他にもっと何かあるだろう。と思いながら
「えいの料理がとてもおいしかったです!」
また一言。
すると斉須シェフ、そのボロい本に、サインを書いてくださいました。
そしてさっと手を差し伸べ、握手まで!あのガチッ!とした手の大きさ、忘れないようにしないと・・
002_convert_20090222013928.jpg
もう、いいことがありすぎで、2,3日で自分、死んでしまうんじゃねえか?と思った程です。

休み明けの仕事に熱が入るの入らないのって。
フッフッフッフ。斉須シェフと握手を交わしたオレの右手はすごいパワーだぜ。
ホント。少々忙しくっても、なぜかすごく冷静に仕事ができるようになりました。うい
同じハンバーグやチキンソテーでも、なんか焼き方に変化ができたような。
とにかく、いまのボクはいつもの料理でも、なんか、うまそうです。

やっぱり、たまには東京でうまいもん食べないと、充電できませんな。と改めて思いました。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://sabotomosibi.blog96.fc2.com/tb.php/67-c652fe99

Comment

Comment Form
公開設定

最近の記事
最近のコメント
ツイッター。
プロフィール

トモシビコック

Author:トモシビコック

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる