みそっかすで、意地っ張り。

まずは少々告知を。
今週末、6月28日(土)。北海道(!)はニセコ、ヒルトンニセコビレッジにて開催の「森のカフェフェス 2013」に我が栃木県からはるばる出店する友人達がいます。

もし、偶然その日に北海道に行く、または奇特にもこのブログをご覧の方で北海道在住のかた、いらっしゃいましたら是非是非彼らの応援に!
もちろん、わざわざそれだけの為に北海道旅行をするのもありですよ。

有名アーティストのステージを中心に、全国より旨いもん、オサレ雑貨、が一同に会するオサレビッグイベントです。

ぼくが行きたかったです。もちろんお客さんで。(´Д` )



弟です。キャラじゃなく。
上に兄妹がいます。
みそっかす。ご存知でしょうか。
方言かな。
子供の頃、姉の同級生など、自分より大きい(年上の)子達と遊ぶ時に、
「コイツはみそっかすだからな。」
と、野球なら野球のルールをオマケしてもらえるというしきたり。
三振なしで、バットに当たるまでOK。とか。

そういう環境に甘んじて来た子供時代。

大人になって、この仕事に入って、やっぱり、どこの職場でも最初の頃は、
「まだ、ここまではできないだろうから、こんなもんでいいよ。」
とか、
「これは無理だろうから、そっちやっといて。」
みたいな事を言われる、言って貰える事が多く。
言わばみそっかすですよね。

子供の頃ならいざ知らず。大人になった今は「カッチーン…」ときちゃうんです。
「とりあえずやらせてみてよ…」
ってね。
だって、いつかは覚えなきゃいけないんですもん。

で、写真のニンジン。
見習いで入ったお店。付け合わせのニンジンは「輪切りで。」と教わっていました。
でも、お店のマスターは、機嫌が悪いといつも、
「本当はニンジンだってシャトー剥きにさ…」
とかなんとかブツブツいうんです。

なに?「本当は…」って。
本当はどうしろって?

シャトー剥きを知らない見習いは、気になって気になって。
先輩に聞いたりして覚えました。

本当はこうなのに、輪切りで勘弁してやっている。
的な感じがシャクに触る。

以来、意地でもニンジンはシャトー剥き。
最近は長さが合わない部分を輪切りで合わせたりしますが…

みそっかす扱いは、子供の頃で十分です。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://sabotomosibi.blog96.fc2.com/tb.php/712-edd40011

Comment

Comment Form
公開設定

最近の記事
最近のコメント
ツイッター。
プロフィール

トモシビコック

Author:トモシビコック

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる