それでも人は、生きてゆく。

とうとう丸一日、よく降ります。
なのに水源地では水不足だとか。

ヘコんでいます。リエさん。
お客さんには伝わらないかとは思いますが。そこがヤツのスゴいところ。

モカが死にました。
モカとはネコの事で。

今までなん匹かいたネコですが、最後の一匹で、しかもリエさん最愛のネコ。

まぁまぁ、結構年寄りだったんですけどね。
もうヨレヨレで、ぼく的には
「もう、長くないかもしれないな。」
と、申し訳ないけど思っていました、

それでも、その時がやってくると、やっぱり悲しい。寂しい。やるせない。
気持ちが出て来ます。

つい、一緒にそこで時を止めてしまいそうに、立ち止まりたくなってしまいます。
要するに、何も手に付かなくなる。

でも、明日はやってきます。
ご予約も入っている。
やるしかない。進むしかないんです。

この先の人生もいろんな別れがあると思います。
その度に、立ち止まってはいられませんからね。

生きてるこっちは、生きてゆくしか無いんです。

以前グリーンマイルという映画があって、人よりゆっくりゆっくり年をとる主人公が、家族や友人の死を嫌という程見送り続けて、最期に「やっと終われる…」という風に言っていましたが、
これからさんざん見送ると、
「もう、いいかな。」
という心境になる日がくるのでしょうか?

とにかく生きてる間は、生きるしかないってこと。

仕事していた方が、気分が紛れるかもしれませんが、
リエさんも平静を装ってはいますが、ふとした瞬間に涙ぐんでいたします。
かわいそうです。
しばらくは、かわいそうです。

エヅクほどに泣きながら、モカの亡き骸を埋める後ろ姿を見ていると、
「絶対に私より長生きしてね。」
と言われている約束は、
絶対に守らなければいけないな。
と、改めて思うのです。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://sabotomosibi.blog96.fc2.com/tb.php/721-e7757876

Comment

Comment Form
公開設定

最近の記事
最近のコメント
ツイッター。
プロフィール

トモシビコック

Author:トモシビコック

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる