心配事の90%は起こらない?

♪さよ、ならクロール~
ずっとアタマで口ずさんでいました。
「はい、じゃあ今から大腸の中を異常がないかキチンと見て行きまーす。」

遡ること今月初め。
先月受けた健康診断の結果が届き、「大腸がん検診」いわゆる検便の欄に陽性要するにがんの疑いあり。と。
ガボーーン…
オイオイまたかよ。と。

ソッコーかかりつけのお医者さんへ行き、
「あら出ちゃったね。内視鏡検査しないと。」
予約が取れる定休日は3週間後の今日が最速。

初体験の内視鏡検査に行ってきました。
昨日は検査食とやらで食事制限。

今日は朝から下剤みたいな飲料を大量(2リットル!)飲んで、おなかから腸の中をからっぽにして午後の検診に臨みました。

まずは別件の肝臓を超音波検査。
ローションでにゅるにゅるプレイ。
「まだ脂肪ついてるね。食生活注意して。」
これは慣れました。

そしていよいよ大腸内視鏡。
(おそらく)紙で出来た、ケツの所に穴が空いている変態プレイみたいなズボンを履き(笑)、上は検査着に着替え。

かくかくしかじか看護士さんに説明を受け、スタートの横向きから途中仰向けになる練習など。

「あのぅ…自分でも画像見られますか?」
興味本位の質問をすると、
「仰向けになった時、見られますよ。」
と優しく教えていただき。

検査台の上ではもうまな板の上のポニョ。
「ちょっとビビるな…でも15分くらいって言ってたし。アタマでさよならクロール3回歌ってれば終わるよな。」
などとアホな事を必死で考えて。

「はいじゃ見て(行)きまーす。息を大ーきく吸ってぇ、ため息をつくような感じぃ~…」

「はうっ。」
するりと入りましたね、カメラ。
あとはからっぽの腸は閉じているので、空気を送って膨らませながら見て行きます。
ちょっと、おなかが張るような気がしますが、イッターイ!って事はぼくはありませんでした。

仰向けになって、自分の腸内部の映像を見る頃には、さよならクロール歌うのも忘れて見入ってしまいました。
キレイなホルモン!
あれこれと説明を受けながら自分のホルモンを見て。
「特に異常は~…無いですね。キレイな大腸ですよ。終わったら詳しく説明しますー。お疲れさまでしたー。」
と、颯爽と退室するジェントル先生。

あぁ。良かった。
去年のアレよりはずいぶんラクでしたが、実はけっこう心配していました、この3週間。
「もし…」
なんて考えて。痛くない腹が痛く感じたり。(臆病者。)
そりゃあ考えますよね。
でも、なんとなく大丈夫な気がする。と根拠のない自信を持ってみたり。

…不安になってみたり。
クリスマスの予約なんて受けちゃって、出来なかったらどうしよう!なんて思ったりしましたよ。本気で。

そんな時に、ボヤッと見ていた本屋さんの棚にあった本のタイトルが
「心配事の90%は起こらない。」
正確ではないかもしれません。
買ってはいないもんで…(オイオイ。)

まぁ、今回は90%のうちだったんでしょうね。
ただ、まだくたばるワケにはいかないぼくとしては、残りの10%を疑い、用心する必要、義務がありますからね。
業務としても。

まぁ、良かったです。
初めてやった内視鏡検査でしたので、ちょっと面白おかしくご報告してみましたが、気分を悪くされた方がいたらゴメンなさい。

ただ、意外と痛くも恥ずかしくもなく、サクッと終わった検査でしたし、とても安心しましたよ。
まだくたばるワケにはいかない方は、健康チェック、しましょ。

あ、腸に入れた空気。
あとで出ますよ。すっごいオナラ。(笑)
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://sabotomosibi.blog96.fc2.com/tb.php/751-5fff17cd

Comment

Comment Form
公開設定

最近の記事
最近のコメント
ツイッター。
プロフィール

トモシビコック

Author:トモシビコック

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる