新しいラプソディ~お気持ちはわかります~

春うらら。
今日の休みは別行動。

お彼岸ですもんね。
お線香あげに、ひとりドライブ。

こっちの方へ来たら、食べたいお店あるのよね…でももう3時近い。
「1月に初めて行った時は4時ごろだったから大丈夫だよね。」

勇気を出してドアを引くと、マスターが面食らったような感じで。
「おい来ちゃったよ…変な時間に…」
的な表情は明らか。

まずかったかな…でも今やめて帰るのもビミョー…
でも食べたいもーん。

「お、お食事ですか?」
「だ、大丈夫ですか?」
「大丈夫ですけど、今私しかいないので、私のサービスになっちゃいますけど…」

前に来たときにいたハツラツとしたサービスをなさる奥様の姿がありません。

「…すいません、いいですか?」
「もちろん、どうぞどうぞ。」
刹那、チラリと目に入った厨房にはタマネギの山が。
…やはりまずかったかな。

でも食べたいもーん。(笑)

そうだよね…この時間。奥様だって休憩やもしかしたら買い出しかもしれないもんね。

でも食べたいもーん。(笑)

よし、1番手っ取り早そうなものを注文しよう。
出されたメニューから、「本日のおすすめ」と書かれたハンバーグとピラフを。

注文して待つ間、厨房からは小気味よい調理の音が聞こえてきます。
そして今さら、
「…ピラフっていうのはかえって面倒だったんじゃないか?普通にハンバーグとライスのセットにしといた方が迷惑じゃなかったんでは…?」
などと手遅れの葛藤を繰り広げ。

気付けば店内には井上陽水が流れており

「前に来たときはユーミンだったな。」

時にマスターの独り言や鼻歌も。

「はい出来ました~。コーヒー付きますけど…どっちがいいですか?ホットとアイス。」
…ホットなんて言って、新たに淹れると申し訳ないな。
「アイスコーヒーで。」

お見事です。まさにまちのご飯屋さん。
美味しいです。

食べている間も、厨房からはタマネギを刻む音が、時にマスターの独り言も。(笑)

(モグモグ)食うの速いからな。オレ。
(モグモグ)仕込みしながら食べ終わりを見てんの大変だろうな。
(モグモグ)アイスコーヒー貰っとけば良かったかな。
(モグモグ)そうだ、会計はしてしまおう。

しかし食べ終わると同時にアイスコーヒー登場。
「あ、じゃコレ、お会計しちゃいます。すいません、忙しい時に。」

「あーはい、ありがとうございます。いやぁ、仕込みがね…重なってるとね…」

いやぁ、お気持ちはわかりますよ…

「初めて?遠くからお見えなんですか?」

「いや、栃木、でもコッチよりなんで。1月に初めて来て。2度目です~。」

「ああそう。わからなくってごめんなさいね。私は裏方専門なんで。」

…いやぁ、お気持ちはわかりますよ。(笑)

店内には井上陽水。
やっぱり知ってる曲ばかりだな。
25年前だな、これ聴いてたの…

自分の服のお線香の残り香と、井上陽水、午後の日差しにぼんやり考え事。

オレにもコレ、出来るかなぁ…

そして「夏の終わりのハーモニー」
玉置浩二とデュエットなんだよね。
懐かしい。コレ聴いたら出よう。

「ごちそうさまでした!すいません、変な時間に。」

「いえ、ありがとうございます!またどうぞ!」

…(ぼくも同じような仕事してるんです!)
って言えなかったな。

まぁいいけど。
…さて!次があるんだ。

久しぶりだニャー。





スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://sabotomosibi.blog96.fc2.com/tb.php/786-ef7594ae

Comment

Comment Form
公開設定

最近の記事
最近のコメント
ツイッター。
プロフィール

トモシビコック

Author:トモシビコック

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる